【社説】韓国はIT強国か…錯覚だった

【社説】韓国はIT強国か…錯覚だった

2015年02月03日11時32分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  コンサルティング専門企業アクセンチュアが「産業モノインターネット(IoT)で勝利する方法」という報告書で、IoTを産業諸般要因に反映させた程度を55種類の指標で測定した結果、韓国は52.2点で主要20カ国中12位に終わったという。米国が64点で最も高く、スイス(63.9)・フィンランド(63.2)・スウェーデン(62.4)・ノルウェー(61.8点)などの順だった。IoTは次世代情報通信技術(ICT)の核心に挙げられる。今回の分析は韓国IoTがスタートから先進国に遅れをとっていることを示している。

  問題はIoTだけではない。韓国はクラウディングでも押され気味だ。ソフトウェア連合(BSA)が2013年、世界ICT市場の80%以上を占める24カ国を対象にクラウド・コンピューティング関連の7政策の環境を調査した結果、韓国は8位にとどまった。日本が1位で、豪州(2位)、米国(3位)が後に続いた。ビッグデータは順位を調べるまでもなく国内データ分析の市場規模が小さい上に技術的発展も遅いというのが冷静な評価だ。すぐにデータ・サイエンティストから育てなければならない。

  それならば、韓国政府があれほど自慢していたインターネット速度などのインフラはどうなのか。クラウド企業アカマイ(Akamai)の最近のインターネット現況報告書によれば、韓国はインターネットの最大平均接続速度が74.2Mbpsで、1位の香港(84.6Mbps)、2位のシンガポール(83Mbps)に続き3位だった。国連傘下の国際電気通信連合(ITU)が発表する「ICT発展指数」でも韓国はデンマークに1位を譲り渡して2位に落ちた。信じていたインターネット速度などITインフラも押され始めたのだ。今は日本、中国は第5世代通信では絶対に韓国に追いつくと躍起になっている。もしかしたら韓国はこれまで先んじていたと思っていたインフラに酔って、SNSやゲームに熱を上げて世界的なIT強国になったように勘違いしていたのかもしれない。ところが今やインフラでも1位を明け渡し、さらにゲームまで中国などの競争国に押されているところだ。狂的な消費者、あるいはわい曲された世論を伝えるミスユーザーだったに過ぎないというのが正体だ。

  これほどになれば韓国は、もはやIT強国だと言えない。いやIT強国だったこともなかったというのが、より正しい。ITハードウェアですら核心部品・素材は依然として日本などの海外に依存しているのが実情だ。ソフトウェア(SW)は言うまでもない。運営体制(OS)を見ても他人の土俵で、韓国いまだに借りて使っている境遇だ。ここにITセキュリティー、フィンテックのようなIT融合まで比較すれば韓国は先進国とは競争にならないレベルだ。このまま行けば先進国に追いつくどころか中国に追い越されるのも時間の問題だ。大胆な規制改革などIT政策の一大転換がなければいけないのではないか。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事