주요 기사 바로가기

米国、北核実験を控えて新型特殊偵察機を配備

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.21 13:45
0
北朝鮮の7回目の核実験を控えて米国が新型核物質探知偵察機「WC-135R(コンスタント・フェニックス)」1機を初めて配備したことが分かった。WC-135Rは胴体のそばについた待機標本収集装備を通じて空気中に浮遊する放射性物質を捕集する特殊偵察機だ。

このような特性のため、別名「sniffer」と呼ばれる。その間北朝鮮から核実験の動向が捉えられれば、韓半島(朝鮮半島)に出撃したりした。

20日(現地時間)、軍事専門紙エアフォース・タイムズなどによると、WC-135Rはネブラスカ州オファット空軍基地(リンカーン空港)に11日到着した。現在、米空軍第55飛行団配下第45偵察飛行隊に配備された。

米空軍は旧型WC-135C/W2機を来年夏までにWC-135R 3機に再編する計画だ。従来の偵察機はそれぞれ1961年と62年に製作され、米空軍関係者の間で「格納庫の女王」と呼ばれるほど老朽化が深刻だった。

すでに1機は2020年11月退役してアリゾナの「航空機の墓」に送った。残りの1機も整備が頻繁に行われて昨年(米政府の2021会計年度)の場合、「任務遂行可能」の割合が48%まで落ちた。実際に、昨年初めには油圧系統の異常で2カ月間飛行することができなかったこともある。

新型は多目的空中給油機ボーイングのKC-135R機体をベースに製作された。エアフォース・タイムズは第55飛行団関係者を引用して「旧型より作戦範囲がはるかに広く、核物質粒子を捕集する能力もさらに優れる」と伝えた。

米国のWC-135R配備に関連し、ロシア・北朝鮮などの核脅威が背景として取り上げられている。ロシアは2月ウクライナを侵攻した後「国家存立を脅かす時、核兵器を使う可能性がある(クレムリン宮報道官)」と脅威した。4月20日には新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」の試験発射で緊張感がさらに高まった。

今年に入って極超音速ミサイル、「火星17型」新型ICBMなど各種ミサイルを発射して韓米を刺激した北朝鮮は7回目の核実験を押し切る態勢だ。商業衛星で準備情況が捉えられるように「これ見よがしにリアルタイムで中継している」という。

米本土に配備されたWC-135Rは北朝鮮の動きによって韓半島周辺に飛行してくるものとみられる。日本沖縄嘉手納空軍基地に待機し、核実験時に直ちに投じる方針が有力視される。

最近までも嘉手納基地には弾道ミサイルの軌跡を探知・追跡する「RC-135S(コブラボール)」、電子・信号情報収集機「RC-135W(リベットジョイント)」など特殊偵察機が立ち寄って対北朝鮮監視に出た。

これを受け、WC-135R配備翌日だった12日、オファット基地関係者は「過去6カ月間地政学的にますます不安定になっており、米国は引き続き空中ISR(情報・監視・偵察)資産を改良および拡張して効率性を高めるように求められている」とし、「WC-135Rは米国が同盟国を持続的に安心させるための核監視能力を保障する」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国、北核実験を控えて新型特殊偵察機を配備

    2022.07.21 13:45
    뉴스 메뉴 보기
    「WC-135R(コンスタント・フェニックス)」
    TOP