주요 기사 바로가기

韓国、コロナ「再陽性」277人…中央臨床委「コロナ再活性化はウイルス学的に不可能」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.29 15:37
0
新型コロナウイルス感染症の「再陽性」に関連し、ウイルスに再感染したり体内ウイルスが再活性化したりする可能性は低いという臨床専門家の意見があった。

現在の診断検査法のリアルタイム遺伝子増幅(RT-PCR)方式の技術的限界のため、死んだ微量のウイルスが検出されて陽性判定が出るということだ。新種感染病中央臨床委員会は29日、記者会見を開き、このように明らかにした。28日までに韓国国内で確認された「再陽性」は277人。

呉明燉(オ・ミョンドン)中央臨床委員長(ソウル医大感染内科教授)は再陽性の原因について「再活性化または再感染、検査上のエラーなどの可能性が高い」としながらも、再活性化の可能性については「ウイルス学的に不可能だと考える」と述べた。コロナウイルスは宿主遺伝子に侵入後、潜在期を経る慢性感染症誘発ウイルスでないというのが理由だ。

保健当局はその間、「再陽性」発生のいくつかの可能性のうち、体内ウイルスが免疫力などの状態によって再活性化した可能性に注目してきた。

しかし呉委員長は「ウイルスのライフサイクルを見ると考えにくい説明」とし「ウイルスは細胞の中に入って生きる。コロナに感染すれば呼吸器の上皮細胞にウイルスが入り、増殖を始めて1-2週間で死滅する」と明らかにした。

ただ、ウイルス遺伝物質が上皮細胞内の細胞質に残っている可能性があると指摘した。呉委員長は「ウイルス遺伝物質は細胞内で増殖するため、ウイルス遺伝物質は上皮細胞内の細胞質に存在することになる。これが細胞の外に出てくれば検出される」と説明した。

呉委員長は「ウイルスが生きている場合、細胞の外に放出されたウイルスが細胞の培養で育つことになる。免疫が作動してこれ以上育たないとしても、一部の細胞の中に入っていた死滅したリボ核酸(RNA)は細胞の中に残ることになり、こうしたウイルスRNAが上皮細胞が脱落する時に体の外に排出されることになる」と述べた。このように排出されたウイルスRNAが検査で検出される可能性があるということだ。

呉委員長は「ほかの上皮細胞に比べて体内の呼吸器の上皮細胞は寿命が長く、いわゆるハーフライフ(半減期)が3カ月まで可能と知られている」と説明した。死んだウイルス遺伝物質が上皮細胞に残っていて、上皮細胞が剥がれ落ちながら発見される場合には、死んだウイルスが2、3カ月後にも出てくることがあるということだ。

臨床委もPCR検査の限界のため死んだウイルスの欠片が検出されて再陽性判定が出ると主張した。

呉委員長は「PCR検査は核酸増幅技術によって微量の核酸も検出する検査法」とし「もし量が少なければ(陰性・陽性の)不正確な範囲に入ることになる。検査室のミスではなく、PCR検査の原理に内在する技術的な限界だ。ウイルスが生きているか死んでいるか区分できない問題がある」と指摘した。そして「1、2カ月後にPCR検査でまた陽性が出てくることもあるという説明」と話した。

臨床委は再感染の可能性は低いと見ている。臨床委は「コロナウイルス(HCoV-229E)の人体研究結果や新型コロナを誘発する現コロナウイルス(SARS-CoV2)の動物実験の結果を見ると、最初のウイルス感染後、生体内の免疫力は1年以上維持されるため、別のコロナウイルスに再感染する可能性は非常に低い」と説明した。

特にコロナに感染したサルのモデルで抗体ができ、その抗体で4週後に感染させても感染しないという英国の研究を引用し、中和抗体があれば再感染を予防できるとも明らかにした。

呉委員長は「追加の実験と研究を待たなければいけないという前提もある」とし「今までこのような免疫を獲得して中和抗体ができるという実験の結果のため、再露出しても感染しない」と話した。

防疫当局が計画している人口免疫度検査についても意見も述べた。臨床委は人体内の抗体形成に対する最新研究の結果、「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)に対する抗体の検出は重症は1-2週間、軽症は2-3週間に検出することができる」と明らかにした。そして「多様な抗体検査法によって敏感度と特異度の差が大きく、抗体形成偽陽性の結果に留意する必要がある」と強調した。

また「現在開発された抗体検査法は信頼度、正確度が満足でないという技術的な問題が残っているが、こうした問題が解決され、人口集団を代表できる標本抽出を正しくして人口集団の無症状感染程度を把握すれば、今後の防疫対応に大いに役立つだろう」と提言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP