北核保有認定が論争になった在日米軍の動画、一部修正へ

北核保有認定が論争になった在日米軍の動画、一部修正へ

2019年01月17日13時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  自作した動画の中で、北朝鮮を核保有宣言国として明記していた在日米軍司令部(USFJ)が動画を修正することを決めた。米国が北朝鮮を事実上の核保有国と認定したのではないかとの論争が起きたことを踏まえ、事態の収集に乗り出した。

  韓国国防部当局者は17日、「USFJが制作した『USFJ Mission Video』から北朝鮮の核保有量の部分が削除されるという通知を米側から受けた」とし「修正された動画が近く再アップロードされる」と説明した。この当局者は続いて「元の動画で『東アジアの海は世界3大経済大国のうち2大勢力と、3つの核保有宣言国に隣接している」という説明の部分が『東アジアの海は世界3大経済大国のうち2大勢力に隣接している』に変更される」と説明した。

  経済大国2カ所を説明する時に中国と日本が、核保有宣言国3カ所を取り上げる時には北朝鮮・中国・ロシアがそれぞれ地図に表記されるのは前と同じだが、北朝鮮の核武器(保有)数は削除する方向だ。USFJが昨年12月、YouTubeに掲載した元の動画では、北朝鮮の核兵器保有数字が15基と表記されていた。中国とロシアはそれぞれ200基と4000基と推定していた。このため、韓国政府はもちろん国際社会が、北朝鮮の核能力が発展しているのは事実だがまだ核保有段階ではないと評価している中で、米国が北朝鮮をすでに核兵器保有国に分類したのではないかとの見解が出てきた。

  政府関係者は「米側はこのような論争が不要な誤解を招きかねないと判断したようだ」とし「USFJが米政府と協議して動画の修正に動いた」と説明した。

  ただ、該当の動画でもう一つ論争になっていた「領土紛争」の部分は修正版でも特別な措置は取られないことが確認された。USFJはこの動画を通じてクリル列島(千島列島)、南シナ海、尖閣諸島とともに韓国の独島(ドクト、日本名・竹島)を「リアンクール暗礁(LIANCOURT ROCKS)」と言及するなど、日本を中心にした「領土紛争」地域だと規定していた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事