韓国慶尚北道知事、駐釜山日本総領事と会って協力を協議

韓国慶尚北道知事、駐釜山日本総領事と会って協力を協議

2018年08月22日06時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国慶尚北道(キョンサンブクド)の李チョル雨(イ・チョルウ)知事が21日、道庁を訪問した道上尚史・駐釜山(プサン)日本総領事と会い、協力を協議した。

  李知事は「日本は非常に近い隣国であり最も強力なパートナーとして協力していくべき部分が多い」とし「地震防災や都市消滅、少子化克服など、日本の先を行く政策と事例を共有し、観光や文化など民間交流活性化に向けた総領事館レベルの協力をお願いしたい」と要請した。

  これに対し、道上総領事は「少しずつ改善されている両国関係を進展させていくことができるように、地方自治体および民間交流に最善を尽くしたい」とし「特に、多くの日本人観光客が慶尚北道を訪れることができるように積極的に広報していく」と応じた。

  道上総領事は、外交官キャリアのうち計7年を韓国で過ごした。駐韓日本大使館参事官と総括公使、公報文化院長を歴任して昨年6月に釜山総領事に就任した。今年1月に続いて慶尚北道を訪問したのは2回目となる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事