旧日本軍「慰安婦」おばあさんの人生を花でデザインするある韓国企業

旧日本軍「慰安婦」おばあさんの人生を花でデザインするある韓国企業

2017年06月08日09時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
花模様一つ一つに「慰安婦」おばあさんの物語を込めているマリモンド代表のユン・ホンジョ氏。
  マリモンドは旧日本軍「慰安婦」おばあさんを「花」で表現するデザイン会社だ。2012年に設立し、昨年45億ウォン(約4億4000万円)の売上があったユン・ホンジョ代表(31)は「おばあさんの人生に照明を当て直し、その物語をより多くの人に伝えて、いつまでも覚えていてもらえるようにするのがマリモンドの使命」と説明した。設立初期、マリモンドはシム・ダリョンさんとキム・スナクさんの遺作である押し花の作品を花模様として活用し、携帯電話のケースやカバン、腕輪、ダイアリーなど小物を製作した。2015年からはより多くの被害者の物語を紹介するために「花おばあさん」プロジェクトを展開している。おばあさんの人生からインスピレーションを得た花でフラワーパターンを作り、製品デザインに活用しているのだ。10年以上、日本の法廷で粘り強く賠償を求めたイ・スンドクさんは、寒い冬にも屈せず花を咲かせるツバキ、九十を越えても水曜集会に欠かさず参加する金福童(キム・ボクドン)さんは、他の花が咲く前に黙々と季節を知らせるモクレンで表現している。マリモンドのすべての製品には花模様の主人公であるおばあさんの物語が説明書のように入っている。

  インタビューに先立ちユン代表は、おばあさんたちに対する表記を必ず韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)で定めた旧日本軍「慰安婦」にしてほしいと求めた。「慰安婦」をかぎかっこなしで一般名詞のように表現してしまえば、歴史的な脈絡をもたず、ただ「慰労する」という意に解釈されることになり適切ではないと考えているためだ。

  ユン代表は大学〔高麗(コリョ)大経営学科〕在学時代、社会的企業体験サークル「Enactus」の活動を通じて、慰安婦」おばあさんたちに初めて会った。そして、「おばあさんは単なる被害者ではなく、勇気ある人権運動家という事実を知ることになった」と話した。「再び同じ悲劇が繰り返されないように、勇気を出して証言する姿に尊敬の念を抱いた」という。

  マリモンドの事業はその尊敬の念から出発している。おばあさんを単なる「助けが必要な被害者」と見なすことはない。「スタッフの面接過程でも『尊敬する人の話を多くの人に伝える準備はできているか』という観点で評価する」と話した。

  マリモンドには「営業利益の50%以上を寄付する」という原則がある。昨年までに7億9500万ウォン余りを旧日本軍「慰安婦」歴史館の建設や正義記憶財団設立など、「慰安婦」おばあさんの関連事業のために寄付した。このうち5億8000万ウォン余りが昨年の寄付額だったほど、マリモンドの事業は最近急成長を遂げている。missAのスジや俳優のパク・ボゴムなど、人気芸能人がマリモンド製品を使う様子が報じられた効果も絶大だった。

  ユン代表はミュージカル『英雄』『明成(ミョンソン)皇后』などを手掛けた演出家ユン・ホジン氏(69)の息子だ。「父から情熱を学んだ」という彼は「マリモンド製品の海外販売を拡大したい。おばあさんの話を他の国にも伝え、『慰安婦』問題が韓日政治的イシューではなく人権問題だという事実を伝えたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事