中国人300人が予約キャンセル…チメク列車の運行取りやめ=韓国

中国人300人が予約キャンセル…チメク列車の運行取りやめ=韓国

2016年07月28日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「2016大邱チメクフェスティバル」が27日午後7時30分、大邱市(テグシ)の頭流(トゥリュ)公園野球場で開幕したが、中国人観光客向けに今年初めて試みた「チメク観光列車」は結局走ることができなかった。中国人観光客が直前になり大規模に参加を取りやめたことで運行がキャンセルされたためだ。

  チメク観光列車は中国人観光客誘致のために大邱チメクフェスティバル組織委員会が今年意欲的に出したプログラムだった。だが目標である1500人を大きく下回る200人余りだけが集まった。組織委はチメク観光列車の運行を取りやめ、中国人観光客200人余りは観光バスで輸送することにした。

  チメク観光列車は27日、29日、31日の3回運行する予定だった。8両編成(定員576人)の列車が毎日午後1時にソウル駅を出発し午後5時ごろに大邱(テグ)に到着する。観光客は夜間チメク行事に参加し、翌日に西門(ソムン)市場や東城路(トンソンロ)などを観光した後、午後5時に再びソウルに戻るスケジュールだ。

  観光客の募集は5月に始めた。今月初めまで北京を中心に500人余りが申し込んだ。ところが韓米政府当局が高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備方針を発表した8日以降、中国の旅行会社が予約を取り消す事例が相次いだ。団体観光客100人が一度にキャンセルしたりもした。行事を翌日に控えた26日までに300人近くがキャンセルした。

  中国での広報が不足しておりチメク行事以外には連係観光プログラムが不足していた可能性があるが、大量予約キャンセルの背景にTHAAD議論以外に明確な他の原因は見つかっていない。

  チメクフェスティバルのパク・ジュン執行委員長は「現地旅行会社が予約取り消しの理由を具体的に明らかにしていない。THAADがある程度影響を及ぼした可能性がある」と分析した。実際にこれに先立ち22日に大邱市の姉妹都市である中国青島市が公務員と芸術団のチメクフェスティバル不参加を通知し大邱市代表団の青島国際ビール祭り訪問も拒否した。

  大邱・慶尚北道(キョンサンブクド)がTHAAD配備を決定した朴槿恵(パク・クネ)大統領の政治的故郷という点が作用したという推定も出ている。THAAD配置候補地である星州(ソンジュ)と隣接する大邱とは違い、韓国の他の都市の中国人観光客には特別な影響が感知されていないためだ。

  チャーター機を利用した中国人観光客の大邱チメクフェスティバル誘致も当初の期待に満たなかった。大邱市は当初2000人を目標にしていたが、重慶や鄭州などで890人を誘致するにとどまった。彼らはチャーター機5便で大邱を訪れチメクフェスティバルに参加し観光もする予定だ。

  一方、今年の大邱チメクフェスティバルは頭流公園、平和市場砂肝通り、西部市場フランチャイズ通りの3カ所で31日まで続く。メーン行事会場の頭流公園野球場にはチキン、ビール、飲み物など92の業者が222のブースを構えた。チメクを楽しみながら有名ガールズグループなどの公演と多様な体験行事を楽しむことができる。大邱チメクフェスティバル組織委員会が推定する今年の訪問客は100万人。2013年の第1回行事に27万人が参加し、昨年は88万人が参加した。「チメクマニア」と呼ばれるリッパート駐韓米国大使は昨年に続き今年も開幕式に参加した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事