女優クララ脅迫のイ・ギュテ会長、処罰受けず…裁判所が公訴棄却

女優クララ脅迫のイ・ギュテ会長、処罰受けず…裁判所が公訴棄却

2016年03月29日17時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  女優クララ(30)を脅迫した容疑で裁判にかけられたイ・ギュテ日光グループ会長(66)が処罰を受けないことになった。

  29日ソウル中央地方裁判所刑事30部によれば、クララが最近イ会長と和解して処罰を望まない意思を明らかにした中で、イ会長を公訴棄却処分とした。

  クララは昨年「2014年6月に日光系列の日光ポラリス所属の芸能人として活動していた間にイ会長から脅迫された」と主張してソウル中央地検に告訴状を提出した。イ会長が「私は君を一瞬にして首をはねて送ってしまうことができる」などの発言をしたという理由からだ。

  検察は昨年7月にイ会長を脅迫容疑で起訴した。イ会長は1100ウォン台の防衛事業不正事件で拘束捜査中だった。

  脅迫罪は被害者の意思がなければ処罰しない「反意思不罰罪」だ。裁判所は今月初めクララが「処罰を望まない」との意思表明をしたことからイ会長に対する法的判断をしない公訴棄却処分を下した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事