韓国検察「林昌勇選手、マカオで4000万ウォン賭博認める」

韓国検察「林昌勇選手、マカオで4000万ウォン賭博認める」

2015年11月26日08時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
サムスン・ライオンズ所属の林昌勇(イム・チャンヨン、39)
  プロ野球サムスン・ライオンズ所属の林昌勇(イム・チャンヨン、39)が海外遠征賭博容疑で検察で調査を受けた。林昌勇は検察の調査で「マカオのカジノで4000万ウォン(約430万円)相当の賭博をした」と認めたという。

  ソウル中央地検強力部は24日午前に林昌勇を容疑者として召喚し、13時間ほど調査を行ったと25日、明らかにした。検察によると、林昌勇は2014年にマカオのカジノ(私設賭博場)で巨額の賭博をした疑い。検察は最近、林昌勇に賭博を斡旋したL(39、拘束・起訴)を調査し、「林昌勇が3億ウォンほど賭博をした」という陳述を確保した。Lはボムソバン系列光州松汀里派行動隊長で、林昌勇とは幼い頃からの友人だったという。検察は9月、Lを賭博場開設などの容疑で逮捕した後、拘束、起訴した。

  林昌勇は検察の調査で約3億ウォンのうち4000万ウォンの賭博容疑のみ認めたことが確認された。しかし検察は林昌勇の供述の信憑性が低いとみて真偽検証を行っている。検察は林昌勇の賭博額が娯楽レベルを越えるとみて司法処理する方向を決めた。現在では在宅起訴が検討されているという。これに先立ち賭博容疑で拘束、起訴された企業関係者と比べて金額が少ないという判断からだ。検察は4月から遠征賭博事件を捜査し、私設賭博場を運営した暴力団とブローカー、賭博をした企業関係者ら26人を拘束、起訴した。摘発された企業関係者12人の賭博総額は500億ウォン以上だった。

  私設賭博場とは、保証金を出して借りたホテルカジノVIPルームで運営者は顧客を誘致した後、カジノからベッティング額の1.2%や失った金額の40%を手数料として受ける。特に私設賭博場運営業者は賭博資金をカジノチップで現地で顧客に貸し、後に韓国で返してもらうため、返済内訳を帳簿に残しておくという。林昌勇の場合もこうした資料が確保され、検察が調査したことが把握された。

  検察は林昌勇のほか、マカオ遠征賭博疑惑が提起された海外組の野球選手1人に対し、追加で事実確認をしている。検察の関係者は「該当の私設賭博場運営業者が野球選手1人を追加で供述した」とし「召喚して調査するためには賭博を立証する資料が必要だ」と述べた。これを受け、該当選手の海外出入国記録と私設賭博場運営業者に対する賭博資金返済内訳など具体的な物証を収集している。検察は証拠が確保されしだい現在海外に滞留中の該当選手を召喚する計画だ。

  一方、ソウル地方警察庁広域捜査隊はサムスン所属の尹盛桓(ユン・ソンファン)・安志晩(アン・ジマン)のマカオ賭博疑惑について捜査中だ。このため尹盛桓らの出入国記録や口座内訳を確保して分析している。尹盛桓らに賭博を斡旋したのは元暴力団員のKで、林昌勇に斡旋したLとは異なる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事