日帝強制動員被害者遺族、国家賠償訴訟で敗訴=韓国

日帝強制動員被害者遺族、国家賠償訴訟で敗訴=韓国

2015年09月10日15時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日帝強占期強制動員被害者遺族が、1965年の韓日請求権協定当時に日本から受け取った資金を返してほしいとして国を相手取り訴訟を起こしていたが、敗訴した。

  ソウル中央地方裁判所は10日、キムさんら日帝強占期被害者遺族3人が「1人あたり1億ウォン(約1011万円)の損害賠償を支給せよ」として国を相手取り起こしていた訴訟を棄却した。

  裁判所は「国が2度にわたって補償法を制定して被害者に慰労金などを与え、韓日請求権協定で受け取った資金を他の産業に使ったことも法律に沿うもので違法行為とは見ることはできない」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事