国連の制裁対象の北朝鮮船舶、ロシアの港湾に出入り

国連の制裁対象の北朝鮮船舶、ロシアの港湾に出入り

2015年08月30日12時18分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国連の制裁対象である北朝鮮の海運業者が所有する船舶がロシアの港湾に随時出入りしていると米国のラジオフリーアジア(RFA)が28日に報道した。RFAは米国の北朝鮮専門インターネットメディアのNKニュースを引用し、「制裁対象である北朝鮮の遠洋海運管理会社(OMM)所属船舶フィチョン号が最近ロシア北東ハバロフスク州の港を数回入出港した記録が確認された」と伝えた。これによるとフィチョン号が7月から数回にわたりロシアのワニノ港に入港した事実がマリントラフィックのインターネット運航情報に記録された。

  ファングムサン2号からフィチョン号に名前を変えた北朝鮮船舶は7月から少なくとも6回にわたりロシアの港湾2カ所で安全調査を受けたことが確認された。これとともに遠洋海運管理会社の所属とされる1万4000トン級船舶のカンゲ号も今月ロシアのナホトカ港に入港したと記録された。マリントラフィックの資料によると北朝鮮船舶は主にロシアの鉱物運搬が頻繁な港に出入りしていた。

  国連は2013年の北朝鮮の3度目の核実験以降、北朝鮮船舶に対する強制検索を含めた追加制裁を昨年から施行している。取り引きが禁止された品目を載せたと疑われる北朝鮮船舶が自国の領土・領海に入った際にすべての貨物を検査し、これに応じない北朝鮮船舶の入港を拒否するようにする制裁措置だ。ロシアは国連安全保障理事会が決議した制裁に基づきこの船舶に対して入港禁止または資産凍結措置を取ることになっている。

  北朝鮮は国際制裁を避けるため船舶の固有識別番号である海上移動業務識別番号(MMSI)を変更する形で情報をかく乱している。海上移動業務識別番号は無線通信のために船舶に付与される固有番号で国籍などの情報を含んでいる。この番号の変更は主に所有主が変わったり新しい船首旗を掲げなければならない時に行われる。

  国連対北制裁委員会関係者は「船舶の海上移動業務識別番号や名前が変わっても国際海事機関(IMO)が付与する船舶番号は変更されないため完全に違う船に偽装するのは不可能だと話した」とRFAは伝えた。(中央SUNDAY第442号)

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事