「花のように大切な慰安婦女性の人生、海外にも知らせなければ」

「花のように大切な慰安婦女性の人生、海外にも知らせなければ」

2015年04月01日09時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ユン・ホンジョ代表が自社マリモンドのタンブラーを手にユーモラスなポーズを取っている。テーブルの上のモバイルケースとユン代表が抱いているクッションは全て慰安婦被害女性の押し花作品のイメージに基づいて製作された。
  「私は花が好きです。こんなふうに花を触っていると気分も良く、何の憂いも感じなくて本当にいいですね」。故シム・ダリョンさんが生前に話していた言葉だ。平たく押して乾燥させた花びらで絵を制作しながら、高齢のシムさんは少女のように笑った。シムさんは旧日本軍慰安婦被害者だった。しかし、被害者である前に花が大好きな1人の「女性」だった。

  押し花は慰安婦被害女性の園芸療法過程の一つだ。雑貨を取り扱うマリモンド社のユン・ホンジョ代表(29)は2011年末に大邱(テグ)のあるNGO(非政府組織)団体が所蔵していた彼女たちの押し花作品を見た。故キム・スンアク、シム・ダリョンさんの作品だった。美しかった。名のあるアーティストが描いたといっても信じられるほどの作品だった。ただ飾っておくだけではもったいないような気がした。団体から作品イメージをもらい、そのイメージをパターン化してモバイルケースやタンブラー、ノートなど雑貨を製作し始めた。

  その中でも、シムさんの作品は今年初めに「スジのフォンケース」として突然人々の脚光を浴びることになった。ガールズグループmiss A(ミスエイ)の人気メンバーであるスジの「空港ファッション」写真が発端だった。スジの空港ファッションよりも人々の目を引いたのは彼女が手にしていた華やかな花模様のモバイルケース。このケースはシムさんの押し花作品「花瓶の花」からイメージを取ってきたものだった。このケースがどこで売られているものなのかが伝わると、注文が殺到した。その時のことを考えると、今もユン代表は唖然とした驚きを隠せない。「在庫が残らなくて職員皆、右往左往しました。まだスジがどのようにしてそのモバイルケースを使うようになったのか謎です」。スジの所属事務所さえ「スジの個人所蔵品なので、本人が直接購入したものなのか、ファンがプレゼントしたものなのか、私たちも分からない」と明らかにした。

  ユン代表は大学校サークル活動で慰安婦被害女性に初めて会った。それ以前は慰安婦の話が出てくれば他の人々のように憤慨し、そうするうちにまた簡単に忘れた。「歴史の本やニュースを見て怒り、そしてまた簡単に忘れてしまうもの。これが自らの被害を勇気を出して明らかにした女性たちに、果たして役立つことなのか考えてみました。答えは『否』でした」。彼は旧日本軍慰安婦問題が単に韓日間の政治的問題ではない、女性人権に関する問題である点を伝えたかった。「押し花作品を見ながら、おばあさん一人ひとりが“花”だと思うようになりました。花は人為的ではないのに、自分の香りや色、形をありのまま見せているでしょう? 時には誰かの物理的暴力によって傷ついたりします。一輪の花のようなおばあさんの人生を、マリモンドというブランドを通じて一つ一つ、改めて照明を当ててみたかったのです」

  そのようにしてスタートしたマリモンドは今年で4年目となる。社会に資する事業を進めながら利潤も追求する社会的企業だ。企業収益の一部は、一貫して慰安婦歴史館の建設や被害者女性の看病費などに使われ続けている。最近では、台湾や中国などアジア諸国を中心に海外進出を準備しているところだ。忙しい毎日を送る最中にも、ユン代表は常に焦りを感じている。今年初めだけで、すでに2人の被害者女性が息を引き取った。「おばあさんが亡くなるたびに、私はただ海に石を投げているような気持ちになります。被害者女性は待ってくれないのに、私が起こす変化はとても弱いもののような気がして。それでもずっと石を投げ続けていれば、いつかその響きが世の中に届きますよね」。現在、政府に登録された慰安婦被害生存者は53人だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • ユン・ホンジョ代表が自社マリモンドのタンブラーを手にユーモラスなポーズを取っている。テーブルの上のモバイルケースとユン代表が抱いているクッションは全て慰安婦被害女性の押し花作品のイメージに基づいて製作された。
  • 話題になったmiss A(ミスエイ)スジの空港ファッション