韓進重の労組、自殺組合員の棺を担いで“遺体デモ”

韓進重の労組、自殺組合員の棺を担いで“遺体デモ”

2013年01月31日17時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓進重工業の労組が、先月自殺した組合員チェ・ガンソさん(35)の遺体が入った棺を担いで30日、会社に入り、“遺体デモ”を行った。 チェさんの葬儀はまだ終わっていない。 労組は会社側が組合員を相手に起こした損害賠償訴訟の撤回など、労組弾圧の中断を要求した。

  全国民主労働組合総連盟(民主労総)金属労組傘下の韓進重工業支会はこの日午後3時、釜山駅広場で、「韓進重工業チェ・ガンソ烈士精神継承金属労組ストライキおよび民主労総拡大幹部決議大会」を開いた。 集会後の4時からは韓進重工業の影島造船所に向かって行進した。

  この過程で一部の組合員が午後5時ごろ、チェさんの遺体が安置された影島区民葬儀場に行き、棺を担いで会社に向かった。 組合員は「遺族が遺体を移すというのになぜ止めるのか。 趙南鎬(チョ・ナムホ)会長に会って談判する」とし、警察の阻止にもかかわらず進入した。 会社関係者は「韓進重の西門にあった鉄製の脇戸を切断機で切断し、労組員が棺を持って会社に入った」と明らかにした。 一方、労組関係者は「座り込みのテントに遺体を移そうとしたが警察に止められ、その過程で西門が突然開き、約150人が偶発的に遺体を持って会社内に入っていった」と主張した。

  チェさんの棺は会社正門の裏側にあり、労組員が棺を見守った。 チェさんの夫人も労組員と一緒に会社に入った。 正門の前では会社に入ろうとする韓進重工業支会および民主労総金属労組組合員400余人と、これを制止する警察兵力約800人が対立した。

  労組員はこの日、葬儀場からチェさんの遺体を移し、約7000万ウォン(約580万円)の費用を支払った。 40日間に葬儀場へ弔問に来た人たちの食事代、葬儀場使用料などが含まれた金額だ。 キム・チャンジャ影島区民葬儀場側は「冷凍室に保管していた遺体をドライアイスなどを使用せずに外に放置すれば、2、3日で遺体が損なわれる」と話した。

  2011年2月に整理解雇されたチェさんは昨年11月、労使合意に基づいて復職したが、仕事がないため、翌日から有給休職に入った。 チェさんは先月21日、韓進重工業労組事務所で首をつって自殺した。 チェさんは遺書で、韓進重工業会社側が労組員を相手に起こした巨額の損害賠償訴訟に触れていたが、自殺の原因は明らかでない。

  労組はその間、「会社が2011年に労組を相手に158億ウォンの損賠訴を撤回してこそ、葬儀の手続きと遺族補償問題を話し合うことができる」と主張してきた。 一方、会社側は「葬儀問題を先に終えた後、労使交渉ではなく対話で損賠訴撤回問題を協議するべき」と対抗し、対立してきた。

  韓進重工業の使用者側はチェさんの遺体が入った棺が社内に入ったことに当惑している。 チョン・チョルサン常務は「最近、コンテナ船など新規受注を控えている状況で、このようなことが発生し、言葉を失う。亡者の遺体を持ってこういう行動をするというのは理解できない」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事