“脱税疑惑”カン・ホドン「芸能界を暫定引退」

“脱税疑惑”カン・ホドン「芸能界を暫定引退」

2011年09月10日10時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
脱税疑惑で芸能界暫定引退を宣言した‘国民MC’カン・ホドン
  脱税疑惑を受けている‘国民MC’カン・ホドン(41)が芸能界「暫定引退」を宣言した。

  カン・ホドンは9日午後6時、記者会見を行い、「最近よくないことでご迷惑をおかけした点についてお詫びする」とし、このように明らかにした。

  黒いスーツ姿で姿を現したカン・ホドンは始終、硬い表情だった。カン・ホドンは「最近、税金と関連したよくない問題で国民の皆様にご迷惑をおかけし、改めてお詫びする」と話し始めた。

  続いて「若いころシルム(韓国相撲)をし、国民の皆様の応援で天下壮士(チャンピオン)まで上がることができた」とし「芸能人になってからも皆様の関心と応援の中で多くの番組のMC(司会者)を引き受けることになった」と話した。

  カン・ホドンは「その私が皆様を失望させた。税金の問題はその理由に関係なく、徹底しなかった私の過ち」とし「国民の失望と怒りを骨にしみるほど反省している」と述べた。

  続いて「芸能人という職業はテレビを通して視聴者に笑いと幸せを提供するべきだが、今のような状況ではテレビに顔を出せない。芸能界を暫定引退しようと思う。自粛の期間、初心に戻ってゆっくりと自分自身を見つめなおす」と話した。現在担当している番組については、「制作スタッフと相談した後、降板する時期を決める」と付け加えた。

  国税庁は最近、「カン・ホドンが所得を縮小して脱税したという情報がある」と明らかにした。これに関しカン・ホドンは「忠実に追徴金を納め、今後、法の手続きに従って国民の義務を誠実に履行する」と公式謝罪したが、ネットユーザーの間で「カン・ホドン追放署名運動」が行われるなど非難が激しくなり、こうした決定をしたとみられる。

  現在カン・ホドンはKBS(韓国放送公社)「1泊2日」、MBC(文化放送)「黄金漁場」、SBS(ソウル放送)「スターキング」「強心臓」などに出演している。KBSのある関係者は「全く予想していなかった発言だったので当惑している。現在、制作スタッフが今後の対策を話し合っている」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事