北朝鮮、熱圧力弾で攻撃…「延坪島の焦土化狙った」

北朝鮮、熱圧力弾で攻撃…「延坪島の焦土化狙った」

2010年11月26日09時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が23日の延坪島(ヨンピョンド)攻撃当時、コンクリートを貫いて火災を起こす特殊砲弾の一種「熱圧力弾」を使用したことが確認された。

  軍関係者は25日、「北朝鮮が延坪島攻撃に使った砲弾を処理する過程で、熱圧力弾の不発弾が見つかった」とし「熱圧力弾は高熱と高圧を発生させ、多くの人を殺傷し、防護施設までも破壊する効果がある」と述べた。この関係者は「一般の爆弾と違い、今回は1次爆発後に2次爆発が起きて大規模な火炎が発生した」と説明した。

  北朝鮮の熱圧力弾使用は韓国側の人命と施設被害を極大化するためのものを考えられる。北朝鮮は延坪島の向かい側に位置するケモリ陣地の122ミリ放射砲(曲射砲・多連装ロケット砲)を使用して熱圧力弾を撃ったと、軍は把握している。

  軍関係者は「ケモリ陣地には当初76.2ミリ海岸砲(直射砲)を中心に配備されていたが、延坪島攻撃の数日前、122ミリ放射砲1個中隊を展開した」とし「延坪島南側にある海兵隊延坪部隊を攻撃するために曲射砲を動員したようだ」と述べた。

  北朝鮮が発射した砲弾170発余りのうち約20発は爆発していないことが把握された。軍関係者は「爆発物処理班が25日に延坪島に派遣され、約20発の不発弾と破片処理を行った」とし「コンクリートの壁や木に刺さっている不発弾も見つかった」と話した。

  北朝鮮軍の板門店(パンムンジョム)代表部は25日、延坪島砲撃と関連し、「朝鮮の西海(ソヘ、黄海)が紛争水域になったのは、米国がわれわれの領海に勝手に引いた北方限界線(NLL)のため」とし「南朝鮮がまた軍事的な挑発をすれば、躊躇なく第2、第3の物理的報復打撃を加える」と脅迫した。

【ホットクリック】

・北朝鮮軍「撃て…避けろ…ひどくやられている」…その後は沈黙
・日本、ブラジル高速鉄道事業の入札を見送り…韓国が有力
・韓国が先に砲撃? 中国メディアのわい曲進む
・【社説】中国は責任ある役割を果たしているのか
・「北朝鮮の死傷者、韓国より多い」…中国消息筋
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事