<アジア大会>黄橲太、日本柔道の自尊心を破る

<アジア大会>黄橲太、日本柔道の自尊心を破る

2010年11月15日09時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「韓国柔道界で私が最初です」。黄橲太(ファン・ヒテ、32、水原市庁)は大きな声でこう述べた後、公式記者会見場に入った。やや離れたところでは、日本の取材陣が穴井隆将(26、日本)を囲んで取材中だった。穴井は悔しそうな表情をしていた。

  黄橲太は13日に行われた広州アジア競技大会柔道100キロ級の決勝で穴井に一本勝ちし、金メダルを獲得した。昨年12月に階級を上げた黄橲太は、06年ドーハ大会の金メダル(90キロ)に続きアジア競技大会2連覇を果たした。柔道が1986年にアジア競技大会の正式種目になって以来、階級を上げて2連覇を達成したのは国内で黄橲太が初めてだ。

  黄橲太は、「一本勝ちをした技は反則ではないのか」という日本人記者の質問に対し、「肩ではなくそでを取って背負い投げをした。狙っていた」と説明した。

  黄橲太の金メダルに価値があるのは日本柔道の自尊心を破ったからだ。穴井は今年の世界選手権で優勝し、名実ともにこの階級の世界最強選手。黄橲太は「穴井が世界で最も強い。しかし穴井が最も嫌う相手がまさに私」と言って笑った。

  黄橲太の金メダルは徹底したビデオ分析によるものだ。代表選手団は大会が開催される度にビデオカメラを持っていき、相手選手を撮影した。黄橲太が穴井に一本勝ちした技も、「穴井はそで側に弱点がある」というビデオ分析による産物だった。

  黄橲太は175センチと、同じ階級選手に比べて10-20センチほど背が低い。黄橲太は「他の選手との体格差を克服するには体力とパワーしかない。私は穴井に技術では劣る。しかし試合前、穴井の顔を見ると白くなっていたので、‘相手は緊張しているな’と思った。金メダルを取れそうだった」と述べ、取材陣を抱腹絶倒させた。

【ホットクリック】

・返還される宮内庁図書に韓国にはない「唯一本」も
・米博士「北朝鮮、軽水炉を建設中」
・盧武鉉前大統領の墓に人糞まく
・KARAの衣装、扇情性めぐる議論から全面修正
・<アジア大会>黄橲太、日本柔道の自尊心を破る
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事