<サッカー>朴智星、CL決勝戦の得点配当7位

<サッカー>朴智星、CL決勝戦の得点配当7位

2009年05月27日08時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  欧州チャンピオンズリーグ決勝戦で朴智星(パク・チソン、マンチェスター)が得点する可能性はチーム内で7位。ヨーロッパのベッティング会社が予想した朴智星の得点可能性の順位だ。

  ウィリアムヒル社は朴智星のゴール配当率を7対1と策定した。朴智星がゴールを記録すれば、1ポンドのベッティングで約8ポンドを受けられるということだ。これはロナウド(1.75対1)、ルーニー(2対1)、テベス、ベルバトフ(ともに3.33対1)、マケダ(5.5対1)、ウェルベック(6対1)に続く7位。

  また別のベッティング会社ベットウィンは朴智星に5対1の配当率を策定した。これもマンチェスターの選手では7番目。

  バルセロナではサミュエル・エトーとリオネル・メッシが‘キラー’に選ばれた。ウィリアムヒルとベットウィンはそれぞれエトーに2対1、3対1、メッシに2.75対1、3対1の配当率を定めた。

  ウィリアムヒルとベットウィンは両チームの勝利配当率を等しく算定した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事