<文大統領新年記者会見>「金正恩親書」に返信…「具体的な内容は明らかにすることは難しい」

<文大統領新年記者会見>「金正恩親書」に返信…「具体的な内容は明らかにすることは難しい」

2019年01月10日11時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長に親書を送ったと10日、明らかにした。

  文大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)迎賓館で開かれた新年記者会見で「金委員長が親書を送ったことに対して大統領がどのような返信をしたか」という質問を受けて「私も誠意を尽くして親書を送った」と答えた。

  文大統領は「慣例上、詳しい内容を明らかにすることは難しい」としつつも「新年にも南北首脳間により頻繁に会い、南北関係や非核化においてさらに大幅の進展を実現することを期待する」と明らかにした。

  文大統領は金委員長の親書の内容を一部公開したことに関して「普通、親書をやりとりしたという事実は公開されてもその内容は公開しないのが慣例だが、先般受けた親書の場合は少し特別だと考えた」としてその理由を明らかにした。また、「非常に誠意のある親書だった。(金委員長が)年内に答礼訪問ができなかったことに了解を求め、新年にしばしば会うよう願うという内容が含まれていた。(そのため)わが国民がその事実を少し知る必要があると考えた」と説明した。

  また、「金委員長に事前に一部(親書の内容を)公開すると伝え、必要な部分を公開したもの」とも伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事