【コラム】米中貿易戦争から飛んでくる火の粉を避けるためには=韓国

【コラム】米中貿易戦争から飛んでくる火の粉を避けるためには=韓国

2018年10月11日15時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先週、中国ポータルサイトの百度(Baidu)とソーシャルメディアの微信(WeChat)で中国税関が海外での買い物を取り締まる映像と写真が一瞬のうちに広がった。上海浦東空港で海外旅行を終えて帰国した中国人が荷物の検査を受けるために列を並び、カバンを一つひとつ開いて検査を受け、免税の限度を超えるラグジュアリー物品に対して巨額の税金を課される姿だった。化粧品のいくつかが免税限度を超えたという理由で税金1万7100中国元(約27万6000円)を払った領収書の写真も掲載された。

  韓国と日本から帰国した乗客が対象で、ある飛行機では100人以上に課され、中国当局が国慶節連休(10月1~7日)に海外に出た中国人に消費を控えるように求めるメッセージを伝えたという推測とうわさが出回った。ロッテ免税店が中国人のおかげで最大の売り上げを上げているという文章もある。中国国営ラジオも取締りを強化する現場を報じた。外信はJPモルガンのアナリストを引用して「韓国を行き来する購買代行が主なターゲット」と伝えた。数年間、韓国の流通・小売業界を困らせているTHAAD(高高度ミサイル防衛)体系問題が思い浮かぶところだ。

  中国人が海外でブランド品を購入する理由は中国より値段が最高30~40%安いためだ。だが、中国税関が免税基準を厳格に適用すれば、価格の恩恵が消える。中国人の海外買い物が減るほかはない。中国人の海外買い物の免税限度額は5000中国元だ。だが、これまで強く取り締まらなかったため、韓国・日本などの地域でラグジュアリー商品を購入して運ぶ購買代行が盛んに行われた。

  そのおかげで韓国は中国人のラグジュアリー買い物の市場になった。韓国のブランドはもちろん、世界的なラグジュアリーブランドの韓国支社も中国人のおかげで売り上げを伸ばしている。韓国で購入して中国に入るブランド品の売上額が世界ラグジュアリー市場規模の1.5%に達するとは結構大きい市場だ。それだけに中国の政策によって被害を被りやすい。直ちに税関の取り締まりの便りが知らされると、世界的なラグジュアリー会社の株価がいっせいに暴落した。9日、グッチを保有したケリンググループの株価は1日より11%、LVMHグループは8%減少した。ロレアルは4.6%、エスティ ローダーは3.9%、資生堂は9.2%下がった。韓国ではアモーレパシフィックの株価が17.2%落ちた。下落幅が世界的なラグジュアリー会社より大きい。中国への依存度が高いためだ。

  税関取締りの強化は米中貿易戦争で押されている中国が内需を刺激して海外消費を本国に回すための意図に読まれる。内需拡大戦略が現実化すれば、最も大きな打撃を受ける国は韓国だ。アモーレパシフィックの事例から分かる。中国に頼るばかりの観光・流通政策がなぜ一刻も早く変わる必要があるかを見せている。米中貿易戦争が飛び火して大型火災につながってはならない。

  パク・ヒョニョン/グローバル経済チーム長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事