米国、「米朝会談延期」発表の1時間前にICBM発射訓練

米国、「米朝会談延期」発表の1時間前にICBM発射訓練

2018年11月09日09時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国が米朝高官級会談の開催を発表した後に大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射訓練をした。今年、南北首脳会談、米朝首脳会談など北朝鮮との大型外交イベントの前後にICBM発射訓練をしてきた米軍当局がまた妙な選択をした。

  米空軍によると、カリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地で6日午後11時(現地時間)、ミニットマン3が試験発射された。このミサイルは米国が現在保有する唯一のICBMで、射程距離が1万3000キロにのぼる。米空軍の関係者は「弾頭を搭載していない。ミサイルの正確性と信頼性を測定するために行った試験発射」と説明した。米西部で発射されたミサイルは太平洋の標的地点に到達したという。米空軍は通常、年に4回ほどこのミサイルの発射訓練をする。1970年代に本格的に実戦配備されたミニットマンを今後20年間に次世代型に全面交換する「地上配備戦略抑止戦力(GBSD)」事業のためだ。

  米軍当局は通常の試験発射と発表したが、時期が微妙だ。今回の試験発射は米朝高官級会談公式発表(現地時間5日午後5時15分)と延期発表(7日0時1分)の間に実施された。今年のミニットマン3の発射訓練はこれまで3回行われていた。米空軍は南北首脳会談の前日の4月25日(現地時間)に続き、米朝首脳会談の1カ月前の5月14日(現地時間)にミニットマン3を試験発射した。5月の発射については米朝首脳会談を控えた機先制圧用という分析があった。米国は5月の試験発射当時、異例にも発射の映像まで公開した。7月31日(現地時間)の試験飛行中に異常が発生して自爆で終わったミニットマン3の試験発射は、同月23日に北朝鮮が東倉里発射場を解体するという情報が伝えられた後だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事