小児アトピーが最も多いのは済州? 犯人は日本スギ花粉=韓国

小児アトピーが最も多いのは済州? 犯人は日本スギ花粉=韓国

2018年11月09日07時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アトピー皮膚炎の患者が19歳以下の小児では済州(チェジュ)に、20歳以上の成人はソウル・京畿(キョンギ)・仁川(インチョン)など首都圏に多いことが分かった。国民健康保険公団と大韓アトピー皮膚炎学会が共同研究を進めた結果、このような事実が明らかになった。

  公団と学会は健康保険ビッグデータを活用してアトピー皮膚炎患者の有病率と医療利用の実態などを分析した。2010年から2015年までアトピー皮膚炎の診断を受けた患者621万9762人を対象に調査が実施された。

  年齢別では、小児(0~19歳)は410万人、成人(20歳以上)は212万人で、小児が成人より倍近く診療を受けていることが明らかになった。地域別では、2015年基準として小児のアトピー有病率は済州地域が7.27%で最も高かった。首都圏が6.17~6.43%、慶尚道(キョンサンド)と全羅南道(チョルラナムド)が4.9~5.27%だった。反面、成人はソウル・京畿・仁川・大田(テジョン)地域が1.03~1.08%で、1%以下の他地域に比べて高かった。

  なぜ清浄都市として知られている済州だけ唯一小児アトピー患者が多いのか。研究を行ったソウル医療院のキム・スギョン教授は「済州道には防風目的で多くの日本スギが植えられている」とし「この木から出る花粉がアトピー皮膚炎を起こす主な抗原で、特に小児に影響が大きいという研究結果がある」と説明した。成人アトピー患者が首都圏に多い理由は、環境的要因が作用したとみられる。ソウル大学病院皮膚科のイ・ドンフン教授は「アトピーは都市化の程度により有病率が上がる傾向がある」とし「都市に多い粒子状物質などがアトピー誘発の可能性を高め、農村では牛など家畜が身近で、これがアトピー皮膚炎に予防効果がある」と話した。

  一方、アトピー皮膚炎が重度の患者10人中1人は不安・うつ病・睡眠障害など精神疾患に苦しめらていることが明らかになった。2015年基準で、アトピー皮膚炎を主傷病(病院を訪れる理由となった病気)で診療を受けた患者は合計3万6422人で、その精神疾患有病率は9.59%だった。有病率を疾患別にみると、不安3.4%、うつ病2.5%、睡眠障害2.2%、ADHD(注意欠陥多動性障害)0.6%などだった。特に65歳以上の高齢患者の有病率は、不安18.6%、睡眠障害13.8%、うつ病13.1%で、児童や青少年、成人に比べはるかに高かった。

  アトピー患者を他の皮膚疾患であるじんましんや乾癬(かんせん)患者(13万9486人)と比較すると、ADHDはアトピー患者で1.48倍多く現れた。また、自閉症スペクトラム障害と行動障害もアトピー患者でそれぞれ1.54倍、2.88倍多かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事