「メガネ先輩ブーム」韓国カーリングチーム、「不当な扱い受けた」訴え

「メガネ先輩ブーム」韓国カーリングチーム、「不当な扱い受けた」訴え

2018年11月09日07時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国女子カーリングチーム
  今年2月、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で銀メダル獲得という快挙を成し遂げた韓国女子カーリング「チーム・キム」が、指導者との葛藤で辛い時間を過ごしていたと訴えた。

  慶北(キョンブク)体育会女子カーリングチームの金恩貞キム・ウンジョン)、キム・ヨンミ、キム・ギョンエ、キム・ソニョン、キム・チョヒは最近、大韓体育会の李起興(イ・ギフン)会長に要請文を送り、チーム指導者から不当な扱いを受けてきたと訴えた。5人は「金敬斗(キム・ギョンドゥ)前大韓カーリング競技連盟副会長とキム・ミンジョン、チャン・バンソク監督のサポートを受けながら高いところまで登ってくることができたが、いつからか私的な目標に利用される状況が生じ、苦痛を受けた」と主張した。

  また、平昌五輪以降もトレーニングを続けて大会に出場したいが、トレーニングと出場を阻止されたと主張した。5人は「今年8月に開かれた2018-2019シーズン国家代表選抜戦にも、当初出場しないように指示を受けて、いかなるトレーニングも行わなかった」とし「カーリングチームの発展とは関係なく、大韓カーリング連盟と私的な不和の中で私たちを利用しようとしているという考えを拭えなかった」と明らかにした。金敬斗前副会長とキム・ミンジョン監督は「不当な懲戒」をめぐって大韓カーリング競技連盟と法的紛争を繰り広げている。

  チーム・キムは「ずっと以前から、監督の指導なしで選手だけでトレーニングを続けてきた」とし「最近、不可解なポジション変更、意図的な大会不参加、選手同士の分離トレーニングなど、とにかく指示に従えという強圧的な雰囲気が形成されている。技術的にも心理的にも安定したトレーニングができるようにチームを率いてくれる誠実な監督団が必要だ」と求めた。

  選手は指導者から言葉の暴力を受けて侮辱感を感じたと主張した。あわせて広告の撮影やカーリング場の使用などの日程も指導者の一方的な決定で決まると主張した。数回の国際大会で賞金を獲得し、五輪後の激励金なども受け取ったのに、しっかりと精算をしてもらえなかったともした。

  チーム・キムは「選手を個人所有物として利用しようとしている気がする。長年のさまざまな状況から、もう監督を信頼していない」と伝えた。あわせて「大韓体育会町に丁重に支援を求めます。金(敬斗)教授と2人の監督の下でこれ以上運動することは私たち選手にとっては無意味で、この状態のままだとカーリングの発展にも悪影響が及ぶものと考えます」とし、指導者の交代を望む意思を伝えた。

  5人は、故郷である慶尚北道義城(ウソン)で引き続き選手生活を継続し、問題が解決されるように願っている。慶北体育会のある監督は「金敬斗前連盟副会長は暴言まではしない。国家代表選抜戦も連盟の公告が遅れて参加を急に決めた」と反論した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事