韓経:「韓国経済の大黒柱」半導体が揺らぐ

韓経:「韓国経済の大黒柱」半導体が揺らぐ

2019年01月09日09時50分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  四半期ごとに業績新記録(アーニングサプライズ)を書き続けてきたサムスン電子が昨年10-12月期に「アーニングショック」を記録した。世界の景気不確実性にともなう需要減少で半導体価格が急落し営業利益が前四半期より7兆ウォン近く急減した。2017年から続いてきた「半導体スーパー好況」が公式に幕を下ろしたものと業界は診断している。韓国経済の大黒柱の役割をした半導体が揺らぎ輸出にも赤信号が灯った。

  サムスン電子は昨年10-12月期に売り上げ59兆ウォン、営業利益10兆8000億ウォンを記録したと8日に発表した。売り上げは前四半期の65兆4600億ウォンより9.9%、営業利益は過去最大だった前四半期の17兆5700億ウォンに比べ38.5%減った。

  半導体の業況鈍化が予想より速く進んでいると分析される。インターネットデータセンターを積極的に構築し半導体のスーパー好況を牽引したIT業界が投資を減らしている上にスマートフォン市場も沈滞期に入りサムスン電子が直撃弾を受けた。サムスン電子は業績説明資料を通じ「一部データセンター顧客が積み上げていたメモリー半導体の在庫縮小に出て需要が予想より大幅に減った」と説明した。続けて「昨年10-12月期にメモリー半導体出荷量が7-9月期より減少し価格下落幅も当初見通しより大きかった」と付け加えた。

  半導体が揺らぎ韓国の景気を支えている輸出もふらついている。産業通商資源部によると昨年12月の輸出は484億6000万ドルで前年同月比1.2%減った。輸出の20%を占める半導体の輸出が8.3%減ったためだ。経常収支黒字も縮小した。韓国銀行によると昨年11月の経常黒字規模は50億6000万ドルで前月の91億9000万ドルに比べほぼ半分になった。先月の経常黒字はさらに減った可能性が大きいとの見方が出ている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事