「金正恩委員長、13日のソウル答礼訪問が有力」

「金正恩委員長、13日のソウル答礼訪問が有力」

2018年12月08日10時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長のソウル答礼訪問日が13日または14日に決まったことが確認されたと、韓国の世界日報が8日報じた。金委員長の韓国訪問をめぐり青瓦台(チョンワデ、大統領府)や警察など関係機関は7日から警護および儀典などの問題で緊急対策会議を開くなど、慌ただしく動き始めたと、同紙は伝えた。世界日報は8日、政府筋を引用し「金正恩委員長のソウル答礼訪問が来週後半に決まった。13日と14日のうち13日が有力視される」と明らかにした。

  しかし金正恩委員長の訪問日程が1泊2日になるか2泊3日になるかは流動的だとし、「この部分は金委員長の韓国訪問直前に決まるとみられる」と伝えた。別の情報筋によると、13日に訪問する場合は2泊3日に、14日に訪問する場合は1泊2日の日程になる可能性があるという。

  青瓦台は7日、金委員長の答礼訪問の可能性に言及しながらも、依然として慎重な姿勢を維持した。青瓦台関係者はこの日、「年内の答礼訪問実現のために北側から答弁を受けるべき期限」について「ない」と明らかにした。

  これに先立ち趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は前日(6日)の国会外交統一委員会全体会議で、「金正恩国務委員長の年内ソウル訪問の可能性を何パーセントと見ているのか」という質問に対し、「9月の平壌(ピョンヤン)共同宣言で合意した通りなら年内に答礼訪問する方向で北側と協議している」としながらも「(北側が)基本的に合意に基づいて履行するという意志ははっきりしているが、まだ具体的な答弁はしていない状況」と説明した。

  しかしこうした政府の立場とは違い、金委員長の韓国訪問日程はすでに青瓦台に伝えられ、準備作業も始まっていると、世界日報は報道した。政府が公式日程の発表を遅らせるのは北朝鮮の閉鎖的な一人指導体制を考慮した保安維持のためという分析だ。

  別の政府筋は「北から訪問に関する返答があり、9日ごろ青瓦台が公式発表するとみられる」とし「その後、北の儀典チームが直ちにソウルに来るだろう」と伝えた。

  韓国政府は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が4日の主要20カ国・地域(G20)首脳会議など海外訪問から帰国した直後、金正恩委員長が12月12-14日にソウルを訪問するよう要請する公式招請状を北朝鮮に送ったことが伝えられた。政府は最近、答礼訪問に関連して何度か南北接触をし、この問題を議論した。この過程で北朝鮮側から年内の答礼訪問に前向きな答弁を受けたという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事