設計から製作まで100%韓国産ロケット 来月打ち上げ

設計から製作まで100%韓国産ロケット 来月打ち上げ

2018年09月07日09時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「ヌリ」試験ロケット
  6日午前10時、全羅南道高興郡(コフングン)の羅老(ナロ)宇宙センターロケット組み立て棟。韓国航空宇宙研究院所属の研究員3人が横にした試験ロケットの下段部位の異質物を慎重に刃物で削り取っていた。白く輝くロケットの長さは25.3メートル。8階建てビルの高さに相当する。

  試験ロケットは来月末に羅老宇宙センターで打ち上げられる。そのためか、組み立て棟には緊張感が漂っていた。航空宇宙研究院のパク・ジョンチャン研究員は「試験ロケットの組み立ては完全に終わり、再点検をしている」と説明した。ロケットの下段にはエンジンの部分が見える。これまで開発してきた75トンエンジンだ。試験ロケットには燃料のケロシンが11トン搭載される。さらに液体酸素が燃料の倍の23トンほど入る。

  試験ロケットは発射63秒後に音速を突破する。上空100キロに到達する時間は発射から164秒後だ。オク・ホナム韓国航空宇宙研究院ロケット技術開発団長は「試験ロケットが到達する最高高度は発射当日の大気密度や気象状況によって変わる可能性がある」と話した。

  科学技術情報通信部は公募を通じて韓国型ロケット(KSLV-II)を「ヌリ号」と命名した。試験ロケットは「ヌリ」の主力エンジン、75トン液体エンジンの性能を検証するためのモデルだ。

  3段ロケットの「ヌリ」の1段目は75トンエンジン4つを束ねて製作される。2段目は75トンのエンジンが1つ、3段目は7トン級液体エンジン1つが搭載される。今回打ち上げる試験ロケットは2段目に該当する。

  これに先立ち航空宇宙研究院は7月、最終燃焼試験を実施した。エンジンだけを切り離して外部から燃料を供給する地上燃焼試験とは違い、最終燃焼試験では完全なロケットを製作して燃焼試験を行った。これは打ち上げを控えて実施された最後のテストだった。合格点は140秒だったが、計154秒燃焼した。

  組み立て棟からバスで2分のエンジン試験棟では国内で10件目の製作となるもう一つの75トンエンジンがあった。オク・ホナム団長は「最近試験テストを通過したエンジン」と説明した。ロケット開発過程は飛び石と似ている。各段階を一つずつ踏んでこそ前に進むことができるからだ。その間、航空宇宙研究院は75トンエンジン燃焼試験を90回実施した。累積試験時間は7000秒(1時間56分40秒)にのぼる。2016年5月に75トンエンジンの最初の燃焼試験が成功したため、エンジン試験からロケット組み立て完了まで2年以上かかったということだ。

  10月末の試験ロケット発射が成功すれば、韓国独自の技術で製作した最初のロケットが飛行した日として記録される。打ち上げ成功率を尋ねる質問に対し、オク団長は「予期せぬ問題が飛行中に発生すれば分からないが、そうでなければ失敗はないとみる」と答えた。通常、新しく開発されたロケットの最初の発射成功率は30%程度にすぎない。

  1、2、3段目が一つになった「ヌリ」は2021年の打ち上げを目標にしている。最終目標は1.5トン級のアリラン人工衛星を地上600-800キロの地球の低軌道に乗せることだ。2013年に2回の失敗の末に打ち上げに成功した「羅老」はロシアの技術を導入して飛行に成功した。「羅老」は重量100キロの衛星を300キロの軌道に乗せることができる性能だが、「ヌリ」はより重い衛星をより高い軌道に乗せることができる。

  科学技術情報通信部のチョン・ビョンソン研究開発政策室長は「世界宇宙市場が持続的に成長しているだけにロケット技術の確保は必要」とし「ロケット開発工程は人の手で進められるため、他の産業に比べて多くの雇用が生じる可能性がある」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事