「安倍首相、米中貿易摩擦で習近平主席に助言」

「安倍首相、米中貿易摩擦で習近平主席に助言」

2018年12月06日14時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  安倍晋三首相が10月に中国を訪問した際、習近平国家主席に米中貿易摩擦に関連して助言をしたという報道があった。就任後初めて中国を公式訪問した安倍首相と習主席の首脳会談でだ。

  香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)が6日、情報筋を引用して報道した内容によると、先月末にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議を控えて、習近平主席は安倍首相に助言を求めた。これに対し安倍首相はトランプ米大統領が習主席を尊重しているという点を想起させ、トランプ大統領と直接会って対話をするのがよいと述べた。安倍首相は中国政府の国有企業支援や中国に投資した外国企業の知識財産権保護に関するイシューも指摘した。そして習主席に市場開放を拡大することを助言したという。

  安倍首相がこうした助言をしたことについて、SCMPは「安倍首相がトランプ大統領と緊密な関係を維持しているため可能だった」と分析した。

  実際、習主席は1日、トランプ大統領と夕食会をした。米国の追加関税適用を中断し、両国が貿易交渉を再開してから90日以内に貿易摩擦解消案を見いだすことで合意した。

  中国は安倍首相の訪中後、2011年の福島原発爆発事故後に禁止した原発周辺地域の農産物輸入を再開した。日中関係の改善に誠意を見せるためというのが関係者らの見方だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事