乗用車6万台分の揮発油から火炎…韓国で貯油所火災

乗用車6万台分の揮発油から火炎…韓国で貯油所火災

2018年10月08日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
消防ヘリコプターが7日、京畿道高陽市の大韓送油管公社京仁(キョンイン)支社の火災現場で鎮火作業をしている。
  揮発油貯蔵所の火炎が消えず、住民が休日、不安を抱きながら過ごした。7日午前10時56分、京畿道高陽市徳陽区花田洞(ファジョンドン)の大韓送油管公社京仁(キョンイン)支社の貯油所で原因不明の火災が発生した。

  京仁支社の職員23人が勤務していたが、火災現場とは離れたところにいたため人命被害はなかった。同社の関係者は「勤務中にパンという爆発音が聞こえ、映像を確認してみると炎が上がっていた。消防施設を稼働した後、消防当局に申告した」と述べた。

  現場には地下1基、屋外19基の計20基の油類貯蔵タンクがあり、貯蔵容量は計7700万リットルにのぼる。火災は屋外にある揮発油タンク1基で発生した。このタンクは直径28.4メートル、高さ8.5メートル、貯蔵容量は490万リットルだが、火災当時には440万リットルの揮発油が残っていた。現代自動車の中型乗用車「ソナタ」6万3000台の燃料タンクを満たせる量だ。

  油類タンクに火がついたことで消防当局の鎮火作業は難航した。炎が激しく上がっているうえ、熱気と有毒ガスのため100メートル以内に近づくのが難しかった。石油公社のカン・ヨンホ備蓄運営チーム長は「石油自体でなく熱によって気化した空気が燃え、この火がまた大規模な気化を起こす」とし「石油火災は初期の鎮火に失敗すれば火を消すのは難しい」と説明した。

  消防当局は油類爆発の危険を考慮し、水の代わりに泡が出る油類専用消火薬剤(フォーム液)を上側にまく一方、下側では火がついたタンクの揮発油をパイプラインを通じて隣のタンクに取り出す作業を併行した。消防当局の関係者は「道内のすべての消火薬剤を動員し、民間と海軍の保有分も受けて鎮火に使った」と伝えた。

  火災は深夜12時過ぎに消えた。消防当局は午後7時から油類タンクに水を少しずつ注入し、残りの揮発油を上に浮かしながら燃焼させた。高陽市災難総合状況室の関係者は「火がタンクの下側にいけばパイプラインなどを通じて隣のタンクに移るおそれがあり、浮遊物を注入して燃焼させ、最後に残った消火薬剤を一度に投与した」と説明した。

  この日、爆発と同時に大きな炎が上がると、驚いた近隣の住民は家から飛び出すなどパニック状態となった。避難行列のため昼に一時はソウル方面に交通渋滞が生じた。上空に広がる黒い煙はソウル江南(カンナム)からもはっきりと見えた。火災が続くと、高陽市のほか、隣接するソウル恩平区(ウンピョング)と麻浦区(マポグ)も「窓を閉めて外出を控えてほしい」という災難文字メッセージを携帯電話に発送した。

  警察は火災の原因を究明するために捜査に入った。警察関係者は「現在まで外部的な要因は見つかっていない。貯油所周辺のカメラ映像をすべて確保し、外部の人の出入りや職員の勤務形態などを確認中」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事