韓国女性家族部長官「すべての慰安婦被害者の名誉・尊厳回復のために最善」

韓国女性家族部長官「すべての慰安婦被害者の名誉・尊厳回復のために最善」

2018年12月06日06時41分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国女性家族部の陳善美長官
  韓国女性家族部長官が慰安婦被害者の名誉と尊厳回復のために最善を尽くすという意向を明らかにした。

  5日午前、慰安婦被害者の一人である金順玉(キム・スンオク)さんが96歳で亡くなったことに対して、陳善美(チン・ソンミ)女性家族部長官は「今年10月にナヌムの家を訪問しておばあさんにお目にかかってからそれほど経たないうちに訃報を聞くことになり、あまりにも悲しい」と述べたと、女性家族部側が伝えた。

  続いて「今や政府に登録された被害者のうち生存者はたった26名しかおらず、我々に残された時間は多くない以上、被害者一人ひとりを誠意を尽くして見守る」としながら「すべての被害者の方の傷の癒やしと名誉・尊厳回復のために最善を尽くしたい」と明らかにした。

  金順玉さんの死去により今年6人の日本軍慰安婦被害者が亡くなり、政府に登録された生存者は26人に減った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事