低血糖ショックで入院中だった文喜相氏、ソウル大病院に緊急移送

低血糖ショックで入院中だった文喜相氏、ソウル大病院に緊急移送

2019年04月26日13時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文喜相国会議長
  今月24日、低血糖ショックにより汝矣島(ヨイド)聖母病院で入院治療中だった文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が26日午前10時、ソウル大病院に緊急移送された。

  国会代弁人室はこの日午前、各社記者にショートメッセージサービス(SMS)メッセージを送り、「文議長が午前10時、ソウル大病院に緊急移送された」と伝えた。

  朴洙賢(パク・スヒョン)国会議長秘書室長はこの日、フェイスブックの投稿文を通じて「昨日議長が入院中の病院側から手術しなければならないという通知を受けた」と明らかにした。朴室長は「文議長は衝撃に衝撃が加わった状況でも国会議長として任務を尽くして手術に臨みたいと自分を貫いている」とし、手術をしっかり受けて回復してほしい趣旨のコメントを綴った。

  文議長は24日、野党「自由韓国党」議員の議長室抗議訪問に衝撃を受け、ショック症状で国会医務室を訪れた後、医務陣の所見により病院に入院した。当時、朴室長は「議長が医務室に到着した時、血圧は172㎜Hgで、脈拍(の速さ)は普段の2倍以上だった」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事