トランプ氏「金正恩氏から素敵な手紙を受けた」…その前には制裁のポスター

トランプ氏「金正恩氏から素敵な手紙を受けた」…その前には制裁のポスター

2019年01月04日10時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ドナルド・トランプ米大統領が2日(現地時間)、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長から受けた親書と「制裁維持」のポスターを同時に公開した。トランプ大統領はこの日、新年を迎えて開かれたホワイトハウス閣僚会議で「たった今、金正恩氏から素敵な手紙を受けた」として「われわれは北朝鮮と多くの進展を成し遂げ、金委員長とわれわれはとても良い関係を築き、多くの良いことが起きている」と述べた。金委員長が送ったというA4一枚の親書を持ち上げて見せた。トランプ大統領は「われわれには北朝鮮の経済開発に飛び込んで大きな成功を遂げ、とても多い金を儲けたい人がいる」として「北朝鮮は大きな経済的潜在力を持っているため、われわれが助けるだろう」と提案した。

  同時に、第2回米朝首脳会談について「金委員長が新年演説で本当に会いたいと話した」として「私も会談を待ち受けているし、それほど遠くない未来に会談を準備するだろう」と話した。先月初め「1月や2月に会うだろう」と述べたこととは違い、今回は時点を特定しなかった。

  トランプ大統領のこの日の発言は金委員長の新年の辞に応えて2019年にも金委員長と首脳会談を含んで対北朝鮮外交を継続して推進するという意志を明らかにしたものだ。トランプ大統領としては対北朝鮮外交を最大の成功作と見ているため、外交的努力を続けるという意図を知らせたと見られる。トランプ大統領はこの日「われわれは金委員長と非常に良い関係を結んだが、いかなる功労も認められることができなかった」とし「(他の行政府だったら北朝鮮により)率直に第3世界大戦に飛び火しただろう」と話した。戦争を防止した自体が大きな外交的成果という趣旨だ。

  トランプ大統領は北朝鮮にもう一つのメッセージを出した。この日の会議の前列には米国ドラマ『七王国の玉座』をまねたパロディポスターがこれ見よがしに配置されていた。本来、ポスターは「冬が来ている」という文面が書かれていたが、パロディポスターにはトランプ大統領の写真とともに「制裁が近づいている」という文面が入った。国際社会と米国内部を相手に不良国家に対する制裁・圧迫を緩和しないというメッセージであると同時に、金委員長が新年の辞で公開要求した制裁緩和を受け入れないという公表にも読まれる。この日、トランプ大統領は北朝鮮に関連して忍耐心も口にした。彼は「私は決して速度を話したことがない」として「北朝鮮とこのようになったのは80年以上経ったが、われわれは6カ月前にシンガポールで会談を行った」と話した。

  2回目の米朝首脳会談をめぐりワシントン消息筋は「首脳会談前に米朝が実務交渉にトランプ氏が話した非核化の見返りとして経済支援と金委員長の先制的制裁緩和要求の間で妥協案を見出せるかがカギ」と話した。それができない場合、首脳会談はさらに遅れる可能性もあるということだ。ワシントン・ポストのコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャス氏も「焦燥感と虚勢がトランプ外交の特徴だが、対北朝鮮外交は彼の大統領職で『勝利』と見なされている」として「彼は喜んで細部合意を待つ意向がある」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事