沖縄まで射程圏に入る新型ミサイル「ムスダン」登場

沖縄まで射程圏に入る新型ミサイル「ムスダン」登場

2010年10月11日09時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  10日の北朝鮮軍閲兵式にはノドンとスカッドミサイル、対空ミサイルをはじめとする各種武器体系が登場し、注目を集めた。閲兵式は一般歩兵、女性軍、車両化部隊、低高度対空ミサイル、装甲車、戦車、放射砲(多連装砲)、弾道ミサイル、対空ミサイル部隊の順に進行された。

  この中で最も目を引く武器は弾道ミサイルだった。北朝鮮の弾道ミサイル行列のうち先頭に立ったのはKN-02短距離弾道ミサイルとみられる。このミサイルは射程距離が110-130キロで、休戦ライン北側から発射すれば水原(スウォン)南-忠清道(チュンチョンド)まで到達する。韓国軍核心指揮部と駐韓米軍の烏山(オサン)・平沢(ピョンテク)基地を脅かす。しかもKN-02はトラックの上に搭載されているうえ、すぐに発射が可能な固体推進剤を使う。このためKN-02は偵察装備で探し出して破壊するのが難しい。

  KN-02の後に続いた弾道ミサイル部隊はスカッドミサイルとノドンミサイル部隊とみられる。スカッドミサイルは韓国全域を攻撃でき、ノドンミサイルは在日米軍に脅威を与える。弾道ミサイル行列の最も後ろに見えるのは新型中距離ミサイル(IRBM)「ムスダン」と推定される。このIRBMは射程距離が3000キロで、沖縄に駐留する在日米軍までも射程圏内に収める。

  今回の閲兵式で現れた特異な武器体系は、垂直発射型対空ミサイルとレーダーだった。北朝鮮官営の朝鮮中央通信は「迎撃ミサイル総合体」と表現した。ロシア製高高度対空ミサイルS-300と似た形態と推定されるこの対空ミサイルは、四角形のレーダーを搭載した車を後に従えて移動した。北朝鮮が公開した移動型レーダーは、在韓米軍のパトリオットミサイル運用のための先端特殊レーダーの位相配列レーダーと似た構造とみられる。

【ホットクリック】

・北朝鮮「黄長ヨプの首を取れ」…13年間絶えず脅迫
・【黄長ヨプ氏死去】外信が緊急報道…中国メディアは沈黙
・少女時代のソヒョン「自然美人」1位に
・沖縄まで射程圏に入る新型ミサイル「ムスダン」登場
・北朝鮮・労働党創建65周年、金正日・金正恩親子が並んで壇上に
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事