北ミサイルの開発先導した朱奎昌氏、3日死去…北「大きな損失」追慕

北ミサイルの開発先導した朱奎昌氏、3日死去…北「大きな損失」追慕

2018年09月04日09時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朱奎昌・前労働党機械工業部部長(写真=中央フォト)
  北朝鮮軍需工場分野の元老で、過去にミサイル開発などで核心的な役割を果たしていた朱奎昌(チュ・ギュチャン)前労働党機械工業部(現・軍需工場部)部長が亡くなったと朝鮮中央通信が報じた。

  4日、中央通信は「朱奎昌同志の逝去に対する訃告」記事を通じて「朱奎昌同志は汎血球減少症で主体107(2018)年9月3日20時30分、89歳という年齢で惜しまれつつ逝去された」と伝えた。

  中央通信は、朱氏を国の防衛力強化に突出した貢献をした「老革命家」とし、「わが党と人民において大きな損失」と評価した。

  特に、中央通信は「金正日(キム・ジョンイル)同志の高い政治的信任によって、国防工業部門の重要な職責を歴任し、人民軍の武装装備を現代化し、我々祖国を不敗の軍事強国に転変させるために大きく寄与した」と強調した。

  また「国防工業を新たな高い段階へと発展させるために、精力的に事業を行った」と朱氏の功労を説明した。

  朱氏は北朝鮮最高の工科大学である金策(キムチェク)工業大学を卒業し、国防科学研究機関である第2自然科学院(現・国防科学院)院長や党軍需工場部第1部部長などを歴任した人物だ。

  朱氏は2009年4月、長距離ロケット「銀河2号」発射当時、金正日総書記の発射指揮所の視察に随行し、2012年には「銀河3号」の開発にも深く関与した。

  これについて、米国政府は2013年3月に大量破壊兵器(WMD)開発容疑で朱氏を制裁対象に含めたことがある。朱氏は軍需分野の世代交代とともに2015年5月に職から退いた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事