韓国国防部「レーダー」葛藤に遺憾表明 「日本哨戒機の低空飛行、謝罪を」

韓国国防部「レーダー」葛藤に遺憾表明 「日本哨戒機の低空飛行、謝罪を」

2019年01月03日06時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国国防部は2日、韓国海軍の艦艇が日本海上自衛隊の哨戒機(P-1)を向かって火器管制レーダーを照射していないという立場を再確認しながら、むしろ哨戒機を低空飛行させて艦艇を威嚇した日本側が謝るべきだという立場を表明した。

  国防部はこの日の立場資料を通じて「韓日国防当局が事実確認のため実務協議を続けていくことで合意したにもかかわらず、日本は映像を公開し、テレビ朝日とのインタビューで高位当局者(安倍晋三首相)までが一方的な主張を繰り返したことに対し深い遺憾の意を表明する」と明らかにした。

  これに先立ち安倍首相は、このインタビューで、最近の韓日間の「レーダー葛藤」に関連して「火器管制レーダーの照射は危険な行為」とし「(韓国が)再発防止策をしっかりやってもらいたい」と述べた。

  日本政府は先月20日、東海(トンへ、日本名・日本海)上で北朝鮮漁船の救助活動をしていた韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」が海上自衛隊の哨戒機に向かって火器管制レーダーを稼動したと主張した。これに対し、韓国軍は哨戒機に向かってレーダーを照射した事実はないとして直ちに反論した。

  国防部は「日本側が公開した映像で分かるように、当時、友好国の艦艇が公海上で遭難漁船を救助している人道主義的状況で、日本の哨戒機が低空威嚇飛行をした行為そのものが非常に危険な行為」とし「我が艦艇は日本哨戒機に対してレーダーを照射していない」と強調した。

  韓国軍によると、当時、日本の哨戒機は韓国艦艇の500メートル以内、150メートルの高さまで低空飛行した。国際民間航空規定は航空機が海水面から少なくとも150メートルの高さで飛行するように規定している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事