「金正恩委員長、習近平主席に米国への不満吐露…中国の参加必要だ」

「金正恩委員長、習近平主席に米国への不満吐露…中国の参加必要だ」

2019年02月27日13時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が習近平中国国家主席に対し米国への不満を吐露したことが確認された。26日に韓国日報が入手した1月の中朝首脳会談の主要発言抜粋録によると、金委員長は「われわれは非核化に向け多くの努力をしてきた。だが米国はむしろ制裁を強化している」と話した。

  その上で「米国がもう少し進展した姿勢を見せなければならない」「中国が先に立って役割をしてほしい」と話すなど米国の経済制裁緩和に向け中国の助けが必要だとの立場を明らかにしたという。

  また、金委員長は「北朝鮮は今後改革開放をするだろう。(2回目の首脳会談で)平和協定も議論するだろう。休戦協定を早く平和協定に変えなければならない」とも話した。

  続けて「平和協定を締結するには中国の役割と参加が必要だ」として中国の役割論を繰り返し取り上げたとメディアは伝えた。

  メディアによるとこの日の金委員長の発言に習主席は非核化が先であることを強調した。

  習主席は「改革・開放をする」という金委員長に、「重要なのはその話ではない。非核化からしなければならない」と答えたという。ただ中国の役割論には「国際社会の北朝鮮制裁が緩和される必要がある。中国は非核化措置にともなう役割をし、平和協定の議論過程にも必ず参加する」と答えた。

  また、メディアは外交消息筋の話として「中朝首脳会談で出た金委員長の非公開発言が実際の会談場での発言とややニュアンスは違うかもしれないが、前後の状況を考慮すれば相当な信憑性を持つ内容」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事