<アジア大会>サッカーも野球も…韓日戦、驚異的視聴率を記録

<アジア大会>サッカーも野球も…韓日戦、驚異的視聴率を記録

2018年09月03日07時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会で金メダルを首にかけて勝利を味わう韓国サッカー代表選手。
  2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会の野球とサッカー韓日戦決勝戦で高視聴率をマークした。

  2日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、前日午後8時30分から11時3分まで韓国の地上波放送局3局が中継した男子サッカー決勝韓日戦の合計視聴率は57.3%だった。チャネル別には李栄杓(イ・ヨンピョ)解説委員が登場したKBS(韓国放送公社)第2テレビが22.6%で最も高く、安貞桓(アン・ジョンファン)解説委員のMBC(文化放送)が21.8%、崔龍洙(チェ・ヨンス)解説委員のSBS(ソウル放送)が12.9%で後に続いた。

  リアルタイム視聴率調査会社ATAMによると、この日午後10時25分から11時3分までの地上波3局が中継した韓日戦延長戦のリアルタイム視聴率の合計は63.78%だった。金メダルをもたらした李承佑(イ・スンウ、エラス・ヴェローナ)と黄喜燦(ファン・ヒチャン、ザルツブルク)の連続ゴールが延長戦に集中したためだ。韓国は延長接戦の末に2-1で勝って金メダルを首にかけた。

  ニールセンコリアは、サッカーに先立って中継した男子野球の決勝戦、韓国対日本の視聴率は21.6%だったと公表した。前日午後5時56分から8時27分まで、地上波3局が中継した男子野球決勝戦の合計視聴率だ。チャネル別には李承ヨプ(イ・スンヨプ)解説委員を前面に出したSBSが8.6%で最も高かった。続いてホ・クヨン解説委員のMBC(6.9%)、イ・ヨンチョル解説委員のKBS第2テレビ(6.1%)となった。昨シーズンを最後に引退した「国民打者」李承ヨプが解説委員として第2の人生を歩み始めて多くの野球ファンから関心を集めたものとみられる。

  リアルタイム視聴率調査会社ATAMは男子野球決勝戦の合計リアルタイム視聴率は21.23%だったと公表した。宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督が率いる野球代表チームは、前日インドネシア・ジャカルタのゲロラ・ブン・カルノ(GBK)野球場で開かれた決勝で日本を3-0で下して金メダルを獲得した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事