すでに第4ラウンド…「文大統領、北朝鮮報道官」の表現が出るたびに騒々しくなる韓国政界(2)

すでに第4ラウンド…「文大統領、北朝鮮報道官」の表現が出るたびに騒々しくなる韓国政界(2)

2019年05月22日15時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ◆第3ラウンド/外信記者まで批判を始めた国際戦

  第3ラウンドは第2ラウンドのバトンを受けて繰り広げられた。「交渉団体代表演説は外信記事を引用しただけ」という韓国党の反応に、民主党の李海植(イ・ヘシク)報道官が「首席報道官」表現を最初に使ったブルームバーグ通信記者の実名を取り上げ論じて直接攻撃に出た。李報道官は当時論評を通じて「その記者は韓国内の報道機関に勤めていて、ブルームバーグ通信リポーターに採用されてまもなく問題の記事を掲載したが、米国国籍通信社の外皮をかぶって国家元首を侮辱した売国に近い内容」と評した。該当記者に対しては「黒い頭の外信記者」と表現した。

  「黒い頭の外国人」「売国に近い内容」という表現に外信記者も敏感に反応した。ソウル外信記者クラブ(SFCC)などが民主党に直ちに論評撤回を要請した。彼らは民主党の論評に対して「言論の自由を害する行為だ。記者が身辺の脅威まで受ける状況に憂慮を禁じえない」と批判した。ブルームバーグ通信も「報道記事と記者を尊重・支持する」という声明を出した。

  論争が激化すると、李報道官は「『売国に近い内容』という表現を動員したことが適切だったかどうかに対しては反省の余地があると考える。いくつかの表現を論評から削除し、記者の声明と個人履歴に言及した部分も削除することによって、ソウル外信記者クラブなどの憂慮を払拭したいと思う」と立場を後退させた。

  ◆第4ラウンド/「独裁者の末裔」ではなく「報道官のようなまね」に集まった関心

  韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表の21日の「報道官」「報道官のようなまね」発言をめぐる論争は「第4ラウンド」にあたる。最初は今回の発言の焦点が「独裁者の末裔」に合わされていた。文大統領が5・18記念式場で「独裁者の末裔でなければ5・18を異なる目で見ることはできない」と述べたことに対し、「真の独裁者の末裔とは誰か」と黄代表が反論する状況だったためだ。

  ところが黄代表が「この政府がわれわれを独裁者の末裔というが、真の独裁者の末裔は金正恩(キム・ジョンウン)ではないのか。真の独裁者の末裔には一言も言えないから(右手で客席の前を示して)ここでいま報道官のようなまねをしているのではないか」と発言した後、与党やメディアの焦点は「報道官(のようなまね)」表現に集まった。

  「報道官のようなまね」表現をめぐり、不適切論争が起きると、黄代表は演説2時間後、仁川(インチョン)南洞公団で行った中小企業代表者との懇談会のあと、「報道官のようなまねと発言したのは間違いないか」と尋ねる記者団の質問に「報道官のようなまね? 私が? そうは言ってない」と釈明した。

すでに第4ラウンド…「文大統領、北朝鮮報道官」の表現が出るたびに騒々しくなる韓国政界(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事