<アジア大会>プロ韓国、社会人野球の日本に5対1

<アジア大会>プロ韓国、社会人野球の日本に5対1

2018年08月31日08時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  タンという打撃音と同時に一塁手の朴炳鎬(パク・ビョンホ、32、ネクセン)が飛びついた。バウンドして高く跳ねた打球を朴炳鎬が左腕を伸ばして捕球した。一つの好守備が危機の韓国野球を救った。

  韓国は30日、インドネシアのゲロラ・ブン・カルノ(GBK)球場で行われたジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会の野球スーパーラウンド第1戦で日本に5-1で勝利した。韓国は31日に行われるスーパーラウンド第2戦で中国に勝てば決勝進出が決まる。韓国の決勝戦の相手は台湾または日本だ。31日の台湾-日本戦の結果で相手が決まる。

  韓国はこの日、日本戦に敗れれば、決勝戦ではなく3位決定戦に回る可能性が高かった。崖っぷちに追い込まれた選手たちは試合序盤から集中力を発揮した。0-0の2回裏、二死二塁から日本の松本桃太郎の打球を朴炳鎬が好捕し、失点の危機を免れた。1回表に2三振を奪うなど好投した先発投手の崔原態(チェ・ウォンテ、ネクセン)は2回に入って制球が乱れ始めた。日本に先制点を奪われれば難しい試合になる状況だった。

  しかし朴炳鎬の好守備が日本側に傾きかけた流れを引き寄せた。続く3回表の攻撃で金河成(キム・ハソン、ネクセン)が左越ソロを放った。後続の朴炳鎬も中越ソロを打った。韓国は4回裏にも黄載鈞(ファン・ジェギュン、KT)のソロ本塁打で1点を追加した。黄載鈞はインドネシア戦(2本)と香港戦(1本)に続いて3試合連続の本塁打だ。

  韓国は5回裏、梁義智(ヤン・ウィジ)の適時打と孫児葉(ソン・アソプ)の内野ゴロで2点を追加し、5点差とした。ひじの痛みを訴えた崔原態に続いて3回からは李庸燦(イ・ヨンチャン、斗山)が登板した。準備もなく突然登板した李庸燦は3イニング2/3を4被安打1失点に抑えた。その後、チェ・チュンヨン(1イニング1/3)、咸徳柱(ハム・ドクジュ、2イニング)が無失点で試合を終えた。咸徳柱(斗山)は5-1とリードした8回裏一死一、三塁のピンチで2人の打者を連続三振に仕留めた。

  韓国代表はグループリーグで期待以下の内容だった。韓国は社会人野球選手が主軸の日本・台湾とは違い、トップレベルのプロ選手でチームを構成した。アジア競技大会の金メダルを目標にプロ野球を2週間中断した。しかし相手チームに対する戦力分析が十分でなかった。台湾との第1戦では社会人野球の投手3人を打ち崩せず、1-2で敗れた。弱体のインドネシア(15-0)と香港(21-3)には大勝したが、内容は良くなかった。

  選手団の管理にも問題があった。27日のインドネシア戦を控えて金河成、呉智煥(オ・ジファン、LG)、チョン・ウラム(ハンファ)が腸炎になって欠場した。三塁手の黄載鈞が2011年以来7年ぶりに公式試合で遊撃手に入るハプニングもあった。こうした状況でも選手は「残りの試合をすべて勝てば金メダルを獲得できる」と覚悟を固めた。

  必ず勝たなければいけない韓日戦は目つきから違った。韓日戦で勝利し、アジア競技大会3連覇への期待も高まった。韓国は2010年広州大会と2014年仁川(インチョン)大会で優勝している。重要な試合を控えてグループリーグで不振だった4番打者・朴炳鎬が目覚めたのは大きい。朴炳鎬はこの日、ソロ本塁打を含む4打数3安打と大活躍した。朴炳鎬は米メジャーリーグで2年間プレーした後、今年KBOリーグに戻って33本塁打(2位タイ)をマークしている。

  宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督は早くから朴炳鎬を4番打者に決めていた。しかし重要な台湾戦で朴炳鎬は沈黙した。28日の香港戦で9回にソロ本塁打を放って打撃感覚を取り戻すと、日本戦でついに自分の役割を果たした。

  金河成と李政厚(イ・ジョンフ、ネクセン)の活躍も目を引いた。腸炎に苦しんだ金河成はこの日、先制ソロ本塁打を打ち、先頭打者の李政厚も5打数2安打をマークした。韓国が優勝する場合、金河成や李政厚など9人の選手が兵役免除を受ける。この日の試合では先発投手の崔原態と朴炳鎬、金河成、李政厚のネクセン選手4人の活躍が目立った。金河成は「朴炳鎬先輩のダイビングキャッチの後から選手たちが勢いづいた」とし「若い頃から日本戦には自信があった。決勝でまた台湾と対戦して雪辱を果たしたい」と話した。

  野球韓国代表はファンの支持ではなく非難を受けてアジア競技大会に出場した。一部のファンは選手選抜に不満を表し、「銀メダルを祈る」という声も出てきた。こうしたファンの非難は選手の負担につながり、台湾戦の敗戦、香港戦の序盤の苦戦として表れた。

  朴炳鎬は「選手たちは負担を感じながら試合に望んだ」とし「台湾に敗れた後、自分から反省した。試合前に選手たちと話し合い、悔いのない試合をしようと言ったが、良い結果が出てうれしい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事