<アジア大会>選手の最も大きな敵、食べ物・水道水(1)

<アジア大会>選手の最も大きな敵、食べ物・水道水(1)

2018年08月30日13時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
インドネシア・ジャカルタの選手村の部屋の外側に掲げた太極旗(上)と日章旗(下)。
  「アジア45億人の祭典」2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会が今月18日から行われている。だが、開催国インドネシアの大会運営は酷評を受けている。

  まず、大会期間中、提起され続けている保健と衛生問題だ。選手のうち、食あたりや腸炎の症状で試合にすら出場できない事例が相次いでいる。

  韓国女子卓球代表チームのヤン・ハウン(24)は、28日に開かれた女子卓球中国との団体戦準決勝に出場できなかった。前日、シンガポールと準々決勝を戦った後から腸炎症状が悪化したためだ。結局、準決勝当日未明に病院の救急室に行かなくてはならないほどだった。結局、試合にはヤン・ハウンの代わりに経験の浅いチェ・ヒョジュ(20)が出場して敗れた。

  韓国のバスケットボール3人制の男子代表も集団食中毒症状に苦しめられた。アン・ヨンジュン(23)は「選手村で食べたサラダから変なにおいがした。それを食べた後に下痢をした」と伝えた。3人制バスケットボール代表チームは闘魂を発揮して銀メダルを獲得した。野球代表チームのオ・ジファン、キム・ハソン、チョン・ウラムも腸炎に高熱症状まで襲い、27日のインドネシア戦を欠場した。

  外国選手も同じだ。シンガポールの競泳スター、ジョセフ・スクーリング(23)は腸炎と風邪の症状で苦戦を強いられ、21日に開かれた自由形50メートル予選を通過しても決勝に出場することができなかった。

  食べ物問題は選手村内の衛生状態はもちろん、近隣の汚染された河川からも影響を受けたとみられる。選手村近くのセンティオン川は各種ゴミで水の色がどす黒く、強い悪臭を放っている。地域民は「黒い川」と呼ぶほどだが、この川の水を水道用水として使っている。当局は上流に大型の網を広げて川水にゴミなどの流入を防いでいるが、すでに汚染された水であるためこれといった効果をあげていない。

  27日、男子サッカー準々決勝が開かれた西ジャワ州ブカシ市のパトリオット競技場には記者会見場など各種施設に大量の蚊が押し寄せた。数百匹の蚊が飛び回っているにもかかわらず、防疫を行おうとする人は一人もいなかった。

<アジア大会>選手の最も大きな敵、食べ物・水道水(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事