<アジア大会>サッカー決勝の韓日戦、韓国選手「負ければ飛行機から飛び降りる」冗談

<アジア大会>サッカー決勝の韓日戦、韓国選手「負ければ飛行機から飛び降りる」冗談

2018年08月30日11時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2018アジア競技大会サッカー準決勝の韓国-ベトナム戦が29日に行われた。李承佑(イ・スンウ)が先制ゴールを決めて喜んでいる。右は孫興民(ソン・フンミン)
  「運命の韓日戦」が2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会の男子サッカー決勝で実現することになった。韓国選手らは「日本に負ければ飛行機から飛び降りるという冗談をみんなで言い合った」とし、自信あふれる姿を見せた。

  29日の準決勝で韓国はベトナムを3-1で、日本はアラブ首長国連邦(UAE)を1-0で降し、決勝進出を決めた。これを受け、韓国と日本は9月1日午後8時30分(日本時間)に運命の決勝戦を行う。

  ベトナムとの準決勝が終わった後、「日本との決勝戦が予想されるが」という質問に対し、DF金敏在(キム・ミンジェ、全北)は「すでに選手たちも日本との決勝戦を考えている。日本が決勝に上がってきて(決勝で韓国が)負ければ、帰国する飛行機から飛び降りるしかないという冗談を言ったほどだ。負けてはいけない相手」と強調した。

  今大会9得点で得点王を目の前にしている黄儀助(ファン・ウイジョ、ガンバ大阪)も日本戦の勝利を確信している。黄儀助は「今の自分たちの戦力なら日本に十分に勝つことができる」とし「決勝戦までよく準備し、自分たちのプレーをうまくすれば勝利できる」と強調した。

  韓国は2014年仁川(インチョン)大会の準々決勝で日本に1-0で勝った後、決勝まで進出し、北朝鮮を破って優勝した。今回のジャカルタ・パレンバン大会で2連覇に挑戦する。

  一方、日本は2010年広州大会で優勝している。今大会にはオーバーエージを入れずU-21(21歳以下)選手でだけでチームを構成し、決勝まで勝ち進んだ。2020年東京オリンピック(五輪)に出場する選手に国際大会の経験を積ませるためだ。孫興民(ソン・フンミン、トッテナム・ホットスパー)を筆頭に最精鋭戦力を構築した韓国代表と比べると競技力・経験ともに劣ると評価される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事