日本メディア「自衛隊10月の観艦式、韓国の招待は保留、中国は招待」

日本メディア「自衛隊10月の観艦式、韓国の招待は保留、中国は招待」

2019年02月25日09時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本防衛省が今年10月に開催する海上自衛隊の観艦式を控え、韓国海軍の招待を保留していると産経新聞が25日、報道した。

  レーダー照準問題をはじめ、両国防衛当局間の葛藤のためだと同紙は複数の政府関係者を引用して報道した。

  同紙は「3年に1度のペースで開かれ、多数の海自艦艇や航空機が参加する」とし「友好国の海軍艦艇も『祝賀航行部隊』として招待する」と伝えた。

  2015年に開かれた観艦式にも、米国とオーストラリア、インド、フランスの他に韓国海軍の駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」が参加した。

  だが、この報道によると、今年10月観艦式に関しては、日本防衛省が米国とオーストラリア、インド、シンガポールはもちろん、中国にまで(参加)の案内をしたが、韓国に対してはまだ招請を保留しているということだ。

  同紙は「韓国がレーダー照射問題で前向きな対応をとれば招待することは可能だが、今の状況が続くようでは難しい」とする防衛省幹部の話を伝えた。

  また「観艦式は首相も出席する海自の一大イベントだ。レーダー照射問題を棚上げにして韓国海軍を呼べば、日本が許したとの誤ったメッセージを送ってしまう。韓国が事実を認め、謝罪しない限り招待はあり得ない」という自民党議員の発言もあわせて伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事