韓国農食品部次官、キムチ輸出拡大方案点検会議

韓国農食品部次官、キムチ輸出拡大方案点検会議

2019年03月22日06時49分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国農林畜産商品部のキム・ヒョンス次官は21日午後、政府世宗(セジョン)庁舎でキムチ輸出拡大のための輸出点検会議を開いた。

  会議には同部をはじめ農村振興庁、大手食品会社のプルムウォンやCJ、世界キムチ研究所、韓国農水産食品流通公社(aT)ら企業や関係機関が参加した。

  参加者は最近農林畜産商品部が発表した「キムチ産業育成方案」を補完し、キムチ輸出市場の拡大を図るための方案を多角的に話し合った。

  同部は「業界はキムチ生産に必要な原料需給から新規市場開拓に至るまでのさまざまな悩みや問題点を提起した」とし「これに対する政府の改善方案や業界の役割などを活発に話し合った」と伝えた。

  キム次官は「農林畜産商品は輸出業者、農家、関連協会、関連機関と緊密に協力して、輸出に向けた取り組みを拡大していく」とし「高麗人参・パプリカなど主要品目別に輸出に関する悩みを聞くための点検会議を開いていきたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事