韓国軍が立場発表、日本哨戒機がまた近接威嚇飛行…「明白な挑発行為、強く糾弾」

韓国軍が立場発表、日本哨戒機がまた近接威嚇飛行…「明白な挑発行為、強く糾弾」

2019年01月23日16時56分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国国防部が4日、韓日「レーダー葛藤」をめぐる日本側の主張に反論する動画をYouTubeに公開した。写真は遭難船舶救助作戦中の駆逐艦「広開土大王」の上空から低高度に進入した日本哨戒機の様子(黄色い囲みの中)を海洋警察が撮影した映像だ。(写真=韓国国防部YouTubeキャプチャ)
  23日、海上自衛隊哨戒機が韓国海軍艦艇に向かって近接飛行をしたことを受け、韓国軍が強く糾弾した。

  ソ・ウク合同参謀本部作戦本部長は23日午後、国防部庁舎で記者会見を開いて「今日午後2時3分ごろ、離於島(イオド)沖合で日本哨戒機が韓国海軍艦艇を明確に識別した状況にもかかわらず、距離約540メートル、高度約60~70メートルの低高度で近接威嚇飛行をしたのは明白な挑発行為と見なしている」と明らかにした。

  また、「昨年12月20日、日本による低高度の近接威嚇飛行に関連してこれまで韓国は忍耐しつつ節制された対応をしたにもかかわらず、日本は今年1月18日、1月22日にもわが海軍の艦艇に対して近接威嚇飛行を実施した」と話した。

  彼は「このような事実について日本政府に明らかに再発防止を求めたにもかかわらず、今日再びこのような低高度の近接威嚇飛行をしたのは友好国艦艇に対する明白な挑発行為であるため、日本の底意を疑わないわけにはいかず、これを強く糾弾する」と話した。

  ソ本部長は「再びこのような行為が繰り返される場合、わが軍の対応行動規則により強力に対応していくだろう」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事