KT火災によるソウルの通信障害、損害賠償はどうなる?

KT火災によるソウルの通信障害、損害賠償はどうなる?

2018年11月25日10時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  KTアヒョン支社で24日午前に火災が発生し周辺地域の通信障害が続いている。障害が長引くことでこれに伴う今後の補償も注目されている。

  KTの移動電話とブロードバンドインターネット約款には、顧客の責任ではなく連続3時間以上サービス提供ができなければ1時間当たり月定額基本料と付加使用料の6倍に相当する金額を基準として顧客との協議を経て損害賠償することになっている。インターネットテレビ(IPTV)の場合、1時間当たり平均料金の3倍を補償する。

  自由韓国党の尹相直(ユン・サンジク)議員が科学技術情報通信部などから受けた資料によると、2013年から今年4月までに8回の通信障害が発生し、1753万人が被害を受けた。障害にともなう補償金は668億7000万ウォン(約66億5890万円)で、1人当たり平均3460ウォンの補償を受けた。

  直近の代表的通信障害は4月に発生したSKテレコムのVoLTEサーバーダウンだ。SKテレコムは4月6日にソフトウェアの誤作動によりVoLTEサーバーがダウンし、2時間31分にわたり音声通信とショートメッセージサービスに障害が発生した。当時SKテレコムは730万人の被害者に約款外の独自補償で総額220億ウォンを支払った。

  LGユープラスの場合、昨年10月に京畿道(キョンギド)南部など一部基地局の装備不備でデータサービスに障害が発生した。

  これに先立ち24日午前11時12分、ソウル・西大門区(ソデムング)のKTアヒョン支社で原因不明の火災が発生し、西大門区、麻浦(マポグ)、中区(チュング)、竜山区(ヨンサング)などの地域でKTが提供する携帯電話とインターネットなどに通信障害が発生した。ここには電話線16万8000回線、光ケーブル220条が設置されている。火災に伴い、ソウルと京畿道の一部地域で有線・無線通信が不通となり市民が大きな不便を体験した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事