【統一教長男インタビュー(13)】ワシントンタイムズと米メディア産業

【統一教長男インタビュー(13)】ワシントンタイムズと米メディア産業

2010年09月30日17時22分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文顕進(ムン・ヒョンジン)会長はワシントンタイムズのオーナーでもある。 この新聞社は最近、廃刊または売却を決定しなければならない岐路に立たされている。 統一グループからUCIに約30年間支援されてきた寄付金が昨年7月に中断されたからだ。 毎年の数百億ウォンの支援が打ち切られたのだ。 その結果、UCI系列で最も大きな打撃を受けた機関がワシントンタイムズだった。 文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁が育てたこの新聞社は職員数を4分の1に減らすなど大規模なリストラをしながら1年間持ちこたえたが、最近、限界にぶつかっている。

  --1982年に父が創刊したワシントンタイムズが経営難に直面しているというニュースが出ている。

  「ワシントンタイムズだけでなく米メディア市場全体が厳しい。 5年前からワシントンポストは発行部数が毎年20%ずつ減っていると聞いている。 ニューヨークタイムズも発行部数が減っている。 さらに歴史的に見ると、米国で印刷された発行物は市場を独占的に支配してきた。 発行部数が最も多い新聞社は利益を出し、そうでないところは常に赤字を出すしかない構造だ」

  --最初からワシントンタイムズの経済的モデルは持続可能なモデルではなかったようだ。

  「そういうことだ。 父は共産主義の世界的脅威に対抗するためメディアという使命を持って何とか維持してきた。 米国が冷戦を終えて勝利するのに、この機関は決定的な役割をした。 この点については疑問の余地はない。 使命感で何とかやってきた」

  --昨年のリストラも大規模だったようだが、他に方法はないのか。

  「この1年間、ワシントンタイムズへの支援金が入らなかった。 こうした状況はすべて突然起き、予想すらできなかった。UCIという組織に大きな負担を抱かせた。 しかしUCIとワシントンタイムズの役職員が大変な努力をし、私たちはUCIグループ内でこの機関が維持されるよう最善を尽くしてきた」

  文会長はなぜ支援金が中断されたかについては具体的な話をしなかった。 ワシントンタイムズについて文会長はこれ以上の答弁を避けた。 文会長の口から「支援金が中断された」という言葉を聞いただけでも期待以上の収穫だった。

  シアトルで3日間単独取材…「月刊中央」朴美淑(パク・ミスク)記者

【ホットクリック】

・「韓国部品の品質・納期、日本と差はない」
・「日本企業が10年かかった技術、韓国は3-4年で習得」
・「キム・ジョンウン氏、金正男氏を暗殺しようとした」
・「日本の長寿企業のように韓国でもスモールジャイアンツ現れる」
・ボーイングが高価格を提示…大統領新専用機の購買を事実上中断
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事