韓国の「極端選択」死亡者、5年連続で減少

韓国の「極端選択」死亡者、5年連続で減少

2018年09月20日09時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年、韓国の死亡者数が過去最大を記録した。韓国統計庁が19日に発表した「2017年死亡原因統計」によると、昨年の死亡者数は28万5534人であることが分かった。1年前より4707人(1.7%)増加した。関連統計作成が始まった1983年以降、最も多い。人口10万人当たりの死亡者数を示す粗死亡率は557.3人で、2016年より7.9人(1.4%)増えた。

  キム・ジン人口動向課長は「急速な高齢化の余波で、高齢者の死亡者が大幅に増加した」と説明した。実際、80歳以上の死亡者が全体の44.8%を占めた。2007年と比較するとこの比率は13.5%ポイント増えた。

  死亡原因にはがん(悪性新生物)が最初に挙げられる。統計作成以降、不動の1位だ。昨年のがん死亡者は7万8863人で過去最大値だ。全体死亡者の27.6%ががんで亡くなった。次いで心臓疾患(全体死亡者の10.8%)、脳血管疾患(8%)、肺炎(6.8%)、自殺(4.4%)となっている。

  10~39歳では自殺が死亡原因の1位だ。10代の死亡原因のうち、自殺が占める比率は30.9%で、2位の交通事故(17.7%)を大きく上回った。20代ではこの比率が44.8%に高まる。30代でも36.9%で、2位のがん(20.7%)よりも高い。性別では男性の自殺率が34.9人で女性(13.8人)よりも2.5倍高い。

  昨年、自ら命を絶った韓国人は1万2463人で前年に比べて629人(4.8%)減った。自殺者数は2013年以降、継続して減少している。キム・ジン課長は「政府が2012年以降、中央自殺予防センターを設立するなど自殺防止政策を施行したが、その効果が表れている」と話した。それでも韓国の自殺率は他国と比較して依然として高い。人口10万人当たりの自殺者数を意味する年齢標準化自殺率は昨年23人だ。経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち、韓国より自殺率が高いのはリトアニア(26.7人、2016年)だけだ。

  2004年に死亡原因10位だった肺炎は徐々に順位を上げて2015年からは4位を維持している。黄砂、粒子状物質の影響ではないかとされている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事