西村官房副長官「6月韓日首脳会談、しっかりと韓国が対応してくれないと駄目」

西村官房副長官「6月韓日首脳会談、しっかりと韓国が対応してくれないと駄目」

2019年05月14日10時38分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本の安倍晋三首相(左)と韓国の文在寅大統領
  西村康稔日本官房部副長官が6月28~29日、日本大阪で予定された主要20カ国・地域(G20)首脳会議の時、韓日首脳会談が実現しない可能性もあると述べた。

  西村副長官は13日、日本衛星放送であるBS-TBS番組で大阪G20首脳会議で韓日首脳会談の実現の可能性について、「(強制徴用賠償問題を)しっかりと韓国が対応してくれないと駄目だと思う」と話した。

  彼は「(昭和40年の)日韓請求権協定ですべて解決済みだ。これに違反しているようなことが起きている。正すよう求めているし、協議も求めているが、韓国政府は応じない。まずは韓国側にしっかり対応してもらいたい」で話した。

  一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、就任2周年特集対談でG20をきっかけに韓日首脳会談を推進するかを尋ねる記者の質問に「その時、日本を訪問することになるが、それをきっかけに日本の安倍首相と会談することができれば、それは良いことだと考える」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事