日本「徴用裁判、国際司法裁判所に提出する文書検討」

日本「徴用裁判、国際司法裁判所に提出する文書検討」

2018年10月22日08時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  30日に予定された韓国大法院(最高裁判所に相当)の強制徴用判決に関連し、読売新聞は「外務省は仲裁委や国際司法裁判所(ICJ)を念頭に、既に提出文書の作成に着手しており、担当職員の増員も検討している」と報じた。<中央日報10月8日付『韓国大法院の強制徴用判決控え…日本「企業の賠償確定ならICJ提訴」』記事>

  同紙は、「日本政府としては、判決次第で日韓間の戦後処理の前提が崩れる恐れがあるとみている」とし「韓国政府が不当な判決に同調した場合、政府間協議の停止など強硬な対抗措置も検討している。駐韓大使を一時帰国させる案も浮上している」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事