ビッグデータを調べると…日本は「よい」「美しい」「行きたい」ところ

ビッグデータを調べると…日本は「よい」「美しい」「行きたい」ところ

2018年04月02日09時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「日本に行けばいつも感じるが、人々が親切だ。道を聞いてみると目的地まで案内してくれたり、分からなければ助けになれず申し訳ないと言葉が返ってくる」。

  「これを一つ一つ彫ったというのだから…日本の細工技術と匠の精神には鳥肌が立つほど驚かされる」。

  ネイバーブログのコメントの一部だ。ブログやツイッターなどSNSで描かれる日本は「肯定的」であり「好感」が多い。中央日報がダウムソフトに依頼し、2010年から最近までツイッター・ブログなどSNSに載せられた日本関連のコメントをビッグデータ分析した。「日本」というキーワードを入れて感性分析をすると、昨年1年間の計1439万件の日本関連文のうち「肯定的」と分析されたコメントが45.2%(650万件)で、「否定的」と分析されたコメント(27.2%)に比べてはるかに多かった。新聞やテレビの日本関連ニュースでは「慰安婦」「独島(ドクト、日本名・竹島)」「嫌韓」のような否定的なものが主流である点を考えれば意外だ。

  「肯定的な感性語」は「よい」が最も多く、「好き」「かわいい」「おいしい」「ありがたい」「美しい」「行きたい」などの順だった。一方、「否定的な感性語」は「暴言」が最も多く、「つらい」「泣く」「犯罪」「被害」などだった。日本はよくて、おいしくて、行きたい国ではあるが、過去に韓国に被害を与えたため悪口を言いたい対象ということだ。

  「日本」との関連語1位は比較の対象とする「韓国」だった。次いで「旅行」「日本旅行」「米国」「大阪」「中国」「東京」「写真」「アルバム」「友人」の順だった。韓日関係のニュースでよく言及される「慰安婦」は15番目だった。

  2012年に執権5年目だった当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が独島を訪問し、韓日間の感情の溝が本格的に深まった2013年の状況も昨年と大きく変わらない。計403万件のコメントのうち「肯定的」なコメントが41.9%(168万件)、「否定的」なコメントが32.2%(129万件)だった。最近より「肯定的」がやや低く「否定的」がやや高いという程度の差にすぎなかった。当時の「肯定的な感性語」は「期待」が最も多く、「ありがたい」「ファイト」「期待する」などの順だった。一方、「否定的な感性語」は「妄言」が最も多く、「犯罪」「憂慮」「被害」「非難」などだった。これも「肯定感な感性語」に比べると70-80%水準にすぎなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事