北朝鮮高官、モンゴルでは安倍氏側近に会い訪韓は取りやめ

北朝鮮高官、モンゴルでは安倍氏側近に会い訪韓は取りやめ

2018年11月15日07時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  16日に京畿道高陽市(キョンギシ・コヤンシ)で開かれる「アジア太平洋の平和繁栄に向けた国際大会」に北側代表団として出席することになっていた金聖恵(キム・ソンヘ)労働党統一戦線部室長が14日、突然代表団名簿から名前が抜けた。京畿道と(社)亜太平和交流協会が共同主催する今回の行事に、北側はイ・ジョンヒョク朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長を代表団長として7人を派遣する予定だった。京畿道関係者は「北側代表団は中国北京を経て仁川(インチョン)空港に到着した」とし「金聖恵室長とキム・チュンスン祖国統一研究院研究員ら2人が入国しなかった」と明らかにした。

  この日の訪韓を取りやめた2人は、北朝鮮の対南と対米政策でそれぞれ実務総責と実務の核心的な役割を担っている人物だ。団長であるイ・ジョンヒョク委員長よりも関心を集めた理由だ。2人の訪韓取りやめの理由はすぐには確認されないでいる。「北側の内部事情上」という行事関係者の説明がすべて。

  仁済(インジェ)大学統一学部のチン・ヒグァン教授は「最近大きくなった北朝鮮ミサイル問題の対応策を用意するために核心人物2人が席を外すことは難しかったのだろう」と述べた。南側の行き過ぎた関心の遮断、または南側政府に対する不満表示との推定もある。金室長が実力者だという評価が出てきて、焦点が金室長に合わされたことで、北朝鮮が負担に感じるようになったということだ。最近、統一部が南側代表団の高麗航空を利用した訪朝に許可を出さず、国際社会の制裁を理由に経済協力にペース調節しようとする雰囲気が表れたことを受け、不満が作用した可能性もある。南北関係の進展をけん制する米国を意識したか、南北首脳会談など南北関係間の懸案が生じたという見解もある。

  一方、金室長は先月モンゴルで日本情報当局トップ格の北村滋内閣情報官と接触しようとしたが中止になったと日本の外交消息筋が伝えた。北朝鮮と日本が情報ラインを稼動して関係正常化などの問題を議論するために、日本側からは約束場所であるウランバートルに向かったが、金室長は姿を見せなかったということだ。だが、2人は今月9日にウランバートルで会って極秘会談を行ったと日本メディアのFNNが複数の日本政府関係者を引用して伝えた。北朝鮮が日本との関係正常化、または日朝首脳会談と関連した協議を行った可能性が提起されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事