韓国、福島近隣水産物8年ぶり輸入再開か…WTO最終審4月発表

韓国、福島近隣水産物8年ぶり輸入再開か…WTO最終審4月発表

2019年03月11日15時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本が韓国の福島近隣水産物輸入禁止は不当だとして世界貿易機関(WTO)に提訴した問題で、上訴の結果が来月出る。WTOは昨年2月、すでに一審で日本の主張を認めたため、最終審でこれが覆らなければ8年ぶりに福島水産物の輸入が再開される可能性がある。

  産業通商資源部などによると、WTOは昨年4月、韓国側が提起した福島近隣水産物輸入禁止に対する上訴の最終判定日を4月11日までと決め、1日に韓日両国政府に通知した。

  WTO紛争解決パネルは昨年2月、韓国政府の福島近隣8県の水産物28種に対する包括的な輸入禁止措置に対し、WTO衛生および植物衛生協定(SPS)に合わないと判定した。これに対し韓国政府はパネルが指摘した部分の論理を補強し、同年4月9日に上訴した。

  もし今回の上訴でも敗訴すれば、韓国は輸入禁止措置を撤廃しなければならない。一部では、一審ですでに敗訴し、WTOが要求する水準の「科学的根拠」を提示できなかったとして、勝訴する可能性は低いとみている。これに対し産業部の関係者は「両国政府も判定当日に結果を通報されるため結果は予想できない」と明らかにした。

  ただ、WTO加盟国は判定結果を直ちに履行するのが現実的に難しい場合、紛争当事国と履行に必要な合理的期間(最大15カ月)を合意できるため、輸入はすぐには再開されない見込みだ。

  韓国は2011年に福島原発事故が発生すると、同年に福島近隣の農・水産物の輸入を禁止した。2013年には福島近隣8県の水産物輸入禁止特別措置を発表し、今でも輸入禁止は続いている。

  日本は2015年5月、韓国の水産物輸入禁止が日本の水産物を差別する行為で、セシウム以外の17の核種に対する追加検査要求も不当だとしてWTOに提訴した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事